2010年06月30日

自堕落

携帯にあったらいいと思うショートカットキー

ctrl+z

いやせめてctrlキーさえあれば。

ちなみに私生活(アナログ)ではctrl+fを使いたい。
手書きメモから探すときとか、洗濯物の山から靴下片方だけ探したいときとか。

職業病。

バレンタインにチョコ配るとしたら、と考えて、ラッピングがめんどくさいなぁと思って頭に浮かんだのが

move 大皿\チョコ1 袋1\チョコ1
move 大皿\チョコ2 袋2\チョコ2


アナログでコマンドブロンプト
もうダメだ。


ホットヨガに行きたい。
普通に生活しているとなかなか大量に汗をかいてもいい場所ってない。
ホットヨガスタジオの、夜のアジアンリゾートみたいな雰囲気が好きです。
湿度とかはたぶんプールと同じようなもんなんですがプールだと明るすぎてリラックスできません。
あと休憩でサウナ入ったあと水に入るのが冷たいのがいや。

ヨガは体力なくてもできるので体力回復にはいいです。
冬の間チケット切れてて行ってなかったので、そろそろまた回数券買おうかな。
10枚買ったら3枚残して期限切れになってしまったので次は5枚を買おうかなぁ。

どっぷり打ち込めるなら日本舞踊も再開したいけど、練習時間が皆無なのでまずは生活リズムの改善が優先です。
なのでとりあえず言いなりになっていればいいヨガのほうが楽なのです。
posted by 稲本 at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月28日

相変わらず胃が不調

先週はなにかと大変でした。
つか精神的にいろんなものがドカンと来てしまいました。
自己判断で欠席とか欠勤とかしたことなかったのに…

先々週の金曜日は制作が医者がヘマしてキレながら残業。
「なんで稲本さん(仮)がやってんの!?」
と言われても、制作会社に任せるとろくなことがないことを説明するのもイライラするし、結局終電に間に合わずマン喫ステイ。翌週は出勤してましたが火曜日の朝に母から実家の犬が天に召された情報が入り、ストレスのピークだったことも手伝って朝から涙腺が決壊。堪えるのマジ必死。なのに10時まで残業。

やっと家に帰りついた12時頃、やっと人目を気にせず涙腺のダム解放。鼻がつまりすぎてマジ呼吸困難になり気を失うようにそのまま撃沈。
翌日溜まってた疲れと目の腫れで目が開かず、呼吸困難に耐えたせいか胃も非常に気持ち悪い。

なんかもう動けなくて初欠勤。
翌日も胃の調子があまり変わらなくて欠勤。二日も欠勤する人なんてまずうちの会社ではいないので、金曜日非常にみんなに心配されました…
結局会社いきたくないから胃が病んでるわけであんまり回復してないんですよね…


どうでもいいけどこの不調でなぜかみんな妊娠を疑ってそれの弁解にもなかなか労力を費やしました。
違うって証明しようにも調べられるのは二週間後だし、まず可能性がないように対処はしてるけど人体どんなミラクルが起きるかわからんので完全否定ができず。
めんどくさー…


とりあえず土日はそこそこ食べるものを調整してなんとか過ごしていましたが、月曜日になって電車に乗ってる今また胃が気持ち悪ー…


結局答えは出ているのです。
転職したい。
posted by 稲本 at 08:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月15日

椿に夢中

相変わらず肌のトラブルには悩まされやすい稲本さんです。
無印の化粧水ではどう足掻いても変な出来物ができてしまってメイク落としもW洗顔不要のジェルがどうも気持ち悪くて基礎化粧品を見直してみた。

先日、前に無印で買ったオリーブオイルが切れたけど無印に行く暇もなかったのでマツキヨで黒ばら本舗の椿油を買ったのです。

よく、集落のおばあちゃんみんながやたら綺麗な肌で秘訣を聞くと「椿油一本でなんとでもなる」と答えるのをテレビで見たりしますが、んなアホなーと思っていました。

さて、どうにもどれだけ水分を叩き込んでもできるニキビ。
結局のところ肌の油分が足りないから、油を出して乾燥を防ごうとしてる訳だよね?
でもわたしは赤子の頃眠くて目が開かない母に手触りで識別されたくらいわたしは乾燥肌、妹は脂性。
わたしに足りないのは水分もだけど(先日のヘルスチェックの結果から)、肌に足りないのは油分なんじゃないか?と思って、集落のおばあちゃんの言葉を信じて肌に塗ってみました。

…ら、

すごい!
美容液級に、開いた毛穴をぎゅっと閉じてくれるし、日中は昼にはテカってた肌が夕方になってもほとんどテカらない!
まぁ健康的な程度には油分は出ますが、油でファンデーションがよれることもない。

しばらくこれでいきます。
使い終わる頃に蓄積されて変なのが出てくるとかいうことがありませんように…

ちなみに洗顔は以外にもトップバリューのが合うらしく、ニキビ予防の薬用洗顔にしたらなかなか。
これも様子見だな〜ビオレの半額なんだもの。



ずっと目が痛いと言ったら同僚に眼科に行けと言われました。病院の診察券が増えるのは年よりばかりではありません…
posted by 稲本 at 21:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月13日

深呼吸ってことを忘れてた

この土日、日曜日はメガネ氏が就職の面接ってことでずーっとそわそわ。
土曜日はわたしは半年ぶりのカラオケ。
二時間歌って、一時間経過したころメガネ氏が「のどがそろそろ限界」と言いはじめ、わたしは「やっと腹式呼吸が乗ってきた♪」とご機嫌に。

どうも日常生活、縮こまってパソコンに向かっていると見事に「息を深く吸う」ということを忘れてしまいます。
起きてる間に無呼吸症候群になってたらどうしようかと思うくらい。
危ないねえ〜。

夕飯は外食にしようと外に出たら、メガネ氏の家のすぐ角を曲がったところにあるメガネ氏の幼馴染の家の前で、珍しくメガネ氏の幼馴染が車をいじっておりました。なんでも子供と奥さん連れで来ていたようで、食事が終わったら寄ることになりました。

外食はくら寿司です。ファミリー向けということでちょいちょいテレビでも見ていましたが、実際行って本当に家族連ればっかり。子供だらけ。すごい。
考えてみたらわたしは地元の回転ずししか行ったことがなくて勝手がわからずしどろもどろ。でもおいしく頂きました。
モニターでオーダーして注文品がレーンに乗ってちょうど来るころにモニターからアナウンスされたり、お皿をダストに入れちゃってもしっかりカウントされてたり、最近の回転ずしはすごいなぁ。
結局30分待ちで、食事の時間は15分でしっかりデザートのきなこ餅まで食べて満足です。

帰りに幼馴染のおうちに寄って奥さんと赤ちゃん(10か月)にごあいさつ。わたしは赤ちゃんとは初対面、メガネ氏は生後退院した時に偶然会って以来の再会でしたが、いやぁかわいいね〜!
ハーゲンダッツを出していただいたら赤ちゃんが私が持っていたプラスチックのスプーンを取って遊び始めてもうほんとかわい…!!
メガネ氏は幼馴染宅の設計の図面やらを広げて見始め興奮しておりましたが、赤ちゃんがお風呂の時間でぐずってきたので退散。
お邪魔いたしました。

翌日はメガネ氏が面接ということで早めに起きて、わたしはお留守番。
待っている間にわたしは生理痛でダウン…一人でいると本当この痛みってくるよなぁ〜
面接が終わったメガネ氏を迎えに行くお姉ちゃんに同行する気力もなく、申し訳ない…
結局夕飯まで寝て休ませてもらいました。
言えなかったけどメガネ氏お疲れ様です。
就職活動はまだまだ長そうですが頑張ってください。


今日のソロモン流のアーティスト橋理子、すごいかっこいい!
こんなアーティストになりたいものです。
学生時代からまっすぐ自分のやりたいことに突き進んでその道を極めてって旦那さんも自分の仕事を支えてくれてって、かっこいけど、夫婦でこんなみっちりストイックにやりたくないなぁと個人的には思います。
あえて違う分野にいるからこそ、違う目線からの意見が出てそれがちょうどいい。
でもアトリエが違うと作業に没頭するとすれ違いが起きそうなのもちょっと怖いところ。むーん。
残念ながら、まだわたしは自分の作品を自分に一番近い人間に見せる度胸はないんですが。結局やりたいやりたい言ってるだけでまだ人に見せるべき作品を一つも作っていないのが悔しくてならない。
くそう。
触発されます。

最近会社の休み時間は無理やりにでもしっかり1時間取って、ネームを描いておりますが、わたしが読み切りで1話描こうとするとどうしても40P超えしてしまうようです。
きっと説明がやたら多くなってるんだろうなぁ…
課題はあとどれだけ説明文を絵に置き換えられるかですね。

しかし着物、いいなぁ〜 この人はメインは浴衣だそうですが、着物風の着こなしで浴衣を着るなんて現代風ですねぇ。
最近のKIMONO姫はやりすぎだと思うけど、モノトーンだと派手な柄でも落ち着いていていいですねぇ。

また着物着たくなりました。
創作意欲を掻き立てられますが、こういうときってどうも焦ってうまくいかなかったりするんですけどね。
posted by 稲本 at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月12日

掛かり付け医師の必要性を考えてみる

二週間前に市の健康診断を受けて、結果が出たので聞いてきました。

子宮癌系は特に問題なし。
ヘルスチェックでは出た数値から、水分をしっかり摂るようにと言われました。へぃ。

会社の健康診断は数値だけ書いた紙が送られてきて、数値の横にこっそり L とか H とか書いてますがたぶんこれなにかが高いとか低いとかそんなんじゃないかと思うけど、なんの説明もないのでさっぱり。何が低かったり高かったりでどういう心配があるかも全然言われないので、はてこの紙をどうしろと…と毎年思ってはいたんですが。

ひとつ婦人科系の症状でずっと気になっていることがあり、検診のときに原因は明言してくれていたのですがこれといって対応策は言われず。
調べてみても、女性ならよくある症状で、病気ではないし一時的に症状を押さえることはできても、女性として機能する限り治るものでもないらしい…

それでもやっぱり気になるので聞いてみたら

「気になるようだったらカルテ作ってきて下さい」

気になるから聞いてるんだろうがっ!!ヽ(゜Д゜#)ノ

だいたいそんなカルテを婦人科以外のどこで作れと(※ここは産婦人科・内科)!?

おまけにこの質問中、この医者一度もわたしの顔を見なかった。

あー…
会社のすぐ向かいの、ネットで確認した限りで非常に女性のことを配慮してくれている婦人科行こう。
病気じゃないから気にしなくていいってのはちょっといいかげんだと思う。
この二週間後、我慢して損した気分だ…

それにしても、なんでこうもいつも医者運が悪いんだ。
いつも『なんでそれウチに聞くの?』みたいな顔をされるので…
患者はド素人なんだから別にそんな顔しなくたっていいじゃないか…

ここ五年間かかった医者でイギリスの産婦人科が一番優しかった気がします。
あと耳鼻科は比較的子供も来るので優しかったなぁ。


はぁ…
中3になっても「インフルエンザの予防接種ぐらいならいつでもおいで!」と快く受け入れてくれた地元の小笠原小児科のジロー先生が恋しいよ…
確か去年かそこらにお亡くなりになったそうですが。地元のニュースでちょこっと解説するのに出てたり、いい先生でしたが、年だし仕方ないねぇ。

きっとうちの向かいのマキ歯科の、あのさばさばした先生ももう立派なおばちゃんなんだろな。実は父の同級生の奥さんだった、家から徒歩30秒の美容院もどうなってるんだろ。ちょうど帰省する時期は盆か正月なので営業してるのか休業してるのかがわかりません。

引越しを繰り返していると馴染みの店や病院がなくて、そのへんちょっと寂しいなぁと思います。
美容院なんてそれこそ毎回わたしの好みを無視して無理矢理流行を押し付けられたり生え癖がどうこう言われたりてだからどうなんだって話でなかなかピンと来ない…


病院も美容院も、なかなか信頼できるところがなくて悶々とする日々です。
洋服はやっと手持ちの使える服が増えてきて最近は落ち着いていますが、きものはさかゑ屋さんのおじいちゃん専務が言うことは間違いないので満足。確実に予算内で運命の出会いを斡旋してくれます。このおじいちゃんが「これはいいよ」と言ったものは漏れなくわたしのお気に入り上位にランクインするのです。


出会いってのは難しいものですね。
posted by 稲本 at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

aptana studioいいねぇ

PCの中があまりに重いので、いろいろ調べてみたらやっと原因が判明。

妹のログインのデスクトップにPremire Elementsが入ってた!
これは妹からこのPCを借り(パク)ることが決まったときに、このソフトを使いたいってことで父に相談してこのPCで使えるかどうか試してもらって、そのまま入っていたということになります。
でももう試用期間はとっくに終わってしまったし、動くには動くけどとてもPC自体がおっつかないということでまったく使わなくなっていました。

削除したら見事、6GBあきました。
前々からあるはずなのに見つからなかった謎の6GB、こいつだったのかっ!

というわけでさっそくaptanaをCドライブにインストールしなおし。
したら前まで亀のようにのろかったaptanaがさくさく動く!!おお!
勢いづいて文字だけだったホームページにやっと画像をのっけました。
「すぐなんとかします」とか言ってから半年たってますけど…大目に見てください。

形だけでもリンクバナーを用意しておこうとは思ってますが、そこはまだ手つかず。うへ。
とりあえずworksとlinksを更新しときました。
posted by 稲本 at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

復帰

気づいたらあんまり漫画週刊誌というものを買わなくなって10年近く経ちました。
中学以来の花とゆめを買ってみた。

いやね、最近の漫画ってどんなんなんだろなと思いましてね。
ここ数年は専らコミックス派でお陰様で高尾滋とマツモトトモしか買ってない。
flatは単純に設定萌えだけどなんだか買うほどでもないかな…と思えてきた(5歳児がなんだか大人の好みで動いていてリアルな5歳児の魅力がない)
志村貴子の迷える青少年たちは好きですがわたしはプラトニック派なので敷居の住人はNG、青い花か放浪息子が気になります。

と、あまりに好みが偏ってて、特に高尾滋とか志村貴子とかはどんだけキャラクターの腹の内ばっか探ってんの的なのでもうちょっとさっくりキャッキャと読める漫画を何年も読んでいなかったわけです。

で、10年ぶりの花とゆめの感想は以外↓(超久しぶり!)

★いや、声優で女の子が性別を隠して活動する意味はないだろ

★男装女子が花とゆめ名物なのはいいけど、ネバギバあたりからなぜか「オカマと見間違ごうほどのボーイッシュ女子」がなぜ「モテモテのヒロイン」になるのかが謎。あとキャラクターをデフォルメして棒人間で描くのは構わないけど多用しすぎると誰が誰だかさっぱり

★福山リョウコの絵柄はオリジナリティがあるし勢いもあってなかなか好きだがそのパクリは許せん(筆先の迷いがイラっとする)

★仲村佳樹の12頭身が改善されていて、絵柄の安定感やクオリティも上がってて、でもあの流れるようなふざけた台詞回しは健在でうれしい

★高尾滋の、台詞も顔も出ないのにあれだけ表情豊かなキャラクターを描けるスキルはやっぱり素晴らしいと思う


結局のところ10年の間に登場した作家の半分が許せないって話。
ちなみに許せる作家はすんなり受け入れて見事に名前とか覚えてませんが作り込まれてる話しだとかしっかり描き込まれてる話ってのは見ていて気持ちがいいもんです。

あー…

筆ペンと修正液とスクリーントーン1万円分くらいほしいです。
またはB4対応のスキャナとプリンタとコミスタ…なんて買ったら最後、二度と日光を拝めない目になりそうなので健康的にアナログ作画したいと思います。
posted by 稲本 at 21:31| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。