2010年07月30日

桃の葉ローションの威力

あまりにもニキビがひどいのでここ最近ずっと肌にやさしい対応を心がけています。
変に大人ぶらず、無添加を徹底したらかなり肌が改善されました。
結局赤ちゃん向けものばっかりしか使えないわけねorz

まぁ会社の近くにドラッグストアができてくれたおかげでもう肌に合わないTUBAKIシャンプーを買うことはないと思うけど。
(生え際にニキビがあるってのは確実にシャンプーだと思う。早くなくなれ〜)


果たして忙しいときにホルモンバランスが崩れてイライラするのか、ホルモンバランスが崩れてイライラして忙しくなるのか、ホルモンバランスが崩れてるときに何らかの呪いがあえてイライラさせる要素を振りかけてるのかそもそも呪いですべてが引き起こされるのかわかりせんがとにかくそうゆう吹きだまりみたいなもんがなぜかある。なんで。蠍座12位11位の次は1位だったけどろくなことがない。


素麺が食べたくて素麺とつゆを買ったが最後、家では素麺しか食べてない…リアル素麺ダイエット。
すこしお腹がへっこみました。おしりと太もももへっこめよー。


今週から昼休みにちまちま短大の勉強を復活。
メディア論の教科書の意味がさっぱり読解できずWikipediaを見てみたらまるで翻訳されたかのようにわかりやすい。
むしろ教科書のほうがWikipediaを分かりにくく書き変えたんじゃないかって思うくらい。
東大の研究室の人たちがこぞって書いた本らしいけど、一般向けだと言うなら頭のいい人こそやさしい言葉で解説してくれませんか。


先月2日休んだ分の給料引かれたらちょっとやばいなーと思っていましたが間一髪で昇給した分が反映されててギリギリいつも通り生活できる金額。
今月のようにこぞって画材は買えないな…

昇給とは言っても同時になんか住民税も上がってて、人間ってのは生きる権利を持つためにもお金がかかるのね。
たとえばフリーランスの人が仕事のために体力をつける食事が必要なら、生活費のほとんどは必要経費だと思う。
そうなると人間ってのはどこまで仕事のために生きてるんだろ。気晴らしだって明日元気に仕事するためだったら必要経費じゃん。

ふぅ。
人間って面倒だな。
posted by 稲本 at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月28日

昨日は蠍座12位、今日は11位。

金月火と5:1くらいの割合で人のミス+(上からの指示ミス含む)処理:自分の業務でほとんど日付が変わってからの帰宅。
金曜日とか帰宅時間深夜1:30とか、家が遠いからとかそんなの理由にならん。
家が近くなったら確実に残業時間が増えるだけなので無駄な引っ越しは今のところしません。

相変わらず昨日の制作会社は「エラーが解消できません」とへこたれた声で電話してきて知らんわー
脳天をピコハンで振りかぶって振り抜いて叩いてやりたくなりました(懐かしいアイテム)。


食事をろくにとっていなくて疲れてると胃に入りゃ何でもいいやと思ってしまうのですが、さすがに激務で吐き気を催したので食生活を見直し。
だからって三食自炊もできないので大豆を接種しようかと。
ほら肉も魚も食べない集落に集団で嫁いだ嫁たちが大豆を栽培して集落を救ったってCMなかったっけ?
というわけでセブンイレブンで納豆と豆乳を購入。
牛乳があまり好きではないので普段好んで牛乳さえ買わないのですが、今回実は生まれてはじめての豆乳。
あともずくを買いました。もずく売ってるコンビニってかなりコアだと思うけどもずくは飲み物だと思っている稲本さんには嬉しい。


さて、豆乳の効果は…
昨日よりはいい。
でも流血が止まらんのはやっぱり疲れかストレスか…わたしの赤血球がんばって!
posted by 稲本 at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ここ最近の秘密道具

IMG_0487.JPG

●ピンクと青いボトル
KINCHOから出ている虫よけスプレー。
よく忘れますが鞄に忍ばせています。
ピンクのは群馬に置いとく用に買ったのですが、青いほうを大宮で紛失したために持ってきたら即効鞄の奥から青いほうが見つかったという…
なんつーかな、こういうの、法則的に起こります。
無いから買った瞬間見つかる。

●宇津 桃の葉ローション
ベビーローション。
もうビオレは保湿力に欠けるしニキビ出るし無印もやっぱりぴんとこないのでもう赤子の肌に使ってもよいものを使おうと。
ニキビなんかも気になっていたので。

●ジョンソン ベビーパウダー
制汗剤とか毛穴につまりそうで嫌いなんだよねー
シート系もなんかカサカサしたりするとやだなーと思ってあんまり使わず。
だけどやっぱり背中とか首とかデコルテが汗かくとニキビができちゃうので。

下手にCMでやってるようなの使うとうそつき!と罵りたくなるのであえて赤ん坊に使っても平気なものを選んでいくしかなさそうです。
どうも皮膚が人より薄いらしいです。
高校のときなんかは夜更かししても授業時間に取り戻せたけど、今は夜遅くなったらそのまんま睡眠不足なので影響がもろにでるのね。


最近面倒で食事も胃に入ればいいやーって感じでいたらさすがに金曜・月曜と午前様なくらい残業したら見事に今日吐き気を感じました。日曜日12時間も寝たのにダメなもんは駄目だね…
ノー残業デーなので危なげなものは自分で確認して無事でしたが人がやってまわってくる仕事は見事全滅。
普段だったら問題なく出るはずのリストまで諸々各工程でミスられてて全部それぞれの部署に差し戻されていきました。
残る作業は2件だったのですが、1件はまぁ多少の残業で処理。
もう1件は先の1件を対応しながら準備だけ進めてあとは人からもらったデータを流したまま放置して帰ればいいだけ〜と思いきや、担当者の帰りがけにもらったデータを見てみたら決して流せばいいだけとかいう領域じゃないくらいぐだぐだで、直してもらいたいところ3工程書き出して担当者の机にデータごと差し戻し。

まぁちょっと体育館裏来いやっつってさくっと3項目明日AM10時までにやってね位に言っておきたい感じです(始業は9:30)

あと制作会社は昨日監修終わって「本納品をお願いします」とメールしたのを完全に再度監修納品だと思っていてしかも監修納品しましたメールもよこさない抜けっぷりで挙句、
「本日中に納品してください」
と言ったら
「本日担当者がお休みでして何時になるか…」
つーか普通に納期金曜日だったんですけど!?
(そもそも納品日当日に「納品」とか言いつつなぜか監修データのみ送ってきて遅れ発生)
こっちも配信の都合があるので、明日●●時までに間違いのないように(普段納品使用間違えて確実に差し戻し→納期過ぎる会社なので)納品してくださいと言ったら、また突然電話がかかってきて
相手「あの…この権利元の出版社コードを教えてください」
稲本「えーと、ここ権利が切れてる書籍を集めてるところなんで、権利元とかないんですよ」
相手「お調べいただくことはできますか?」
稲本「そもそも、出版社コードってうちから依頼するときに提供していない情報ですし、うちのコンテンツを制作していただく際の仕様にも必要ありませんよね?」
相手「でもこのコンテンツを作るのに、弊社の仕様で必要なんです」
知 る か !!
稲本「権利元といっても、今回の場合非営利団体で、権利を持っているわけじゃないので…」
相手「何か5桁の数字をいれないとエラーになっちゃって…今まではこっちで調べて入れてたんですが、今回コードがないので…発行をお願いすることはできますか?」
で き る か !!
結局ダミーで数字をいれてもらうことに。

そういえば今日のさそり座(auのガジェットで設定されてるやつ)は12位。
助言「イライラしても口に出さないほうが良さそう」
過去マンガのようにひどい日はだいたいこの占いで12位を叩き出しているのでここの12位には絶対逆らわないようにしています。

口には出してない。吐き気を堪えて十分我慢した。
口に出してないから文には書いてもいいよね!

ふう。

ちなみに28日は、神経質になりがちで100%を求めるけど期限切れとかダウンしたら無意味だからほどほどに、とのことです。
順位は11位。
逆らわないほうが…いいのかな…
posted by 稲本 at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月27日

南、最近イライラする

いろいろ悪態をついていたら
「なんか南ちゃんみたいな可憐なイメージがなくなっちゃいますよ」
と言われたので
「ほんともう30越えた辺りの気分ですよ」
と答えてみた。
ありがとういとうあさこ。
とりあえず苛立ちを笑いに変えて表現できます。
イライラすると素が出ます。
忘れちゃいけないよ、あたし毒吐きキャラだよ。


予想はしていたけど呟き系情報発信方法を身に付けると

「死ねばいいのに」

しか出てこない。
単品での発信は踏みとどまってます。

あぁもう本当に死ねばいいのに…

基本的にエクセル使ってるかフリーズしてるかなので日報書く時間がない。
リレー式発注の制作会社が落としたバトンを自分で蹴ってあらぬ方向に進んでいく発注を軌道修正する余裕もなくなすがままになっていたら
「時間がないのを言い訳にするな」
と怒られた。
じゃぁお前が終電ギリまで残業して発注しろよ…!!

アホな制作会社に間違いなく作業させるためにどんだけあたしがおんぶにだっこしてやってると思ってんだ。

社内対応=瞬時に出来る
な印象がついているのか塵も積もりすぎてパソコンが瀕死です。
CPUの限界値。
動かなくなったので帰ることにした。

早足で帰っていたら目の前の男女五人が道路一杯に広がって歩いていて、横を抜けようと思ったらいちばん端の女がリカちゃん人形のように腕を広げながらてふてふ歩いていてその手をはたきたくなった。

ブレイクブレイク。

ああああぁぁぁぁぁもう

バッヂを魔法だと思ってるやつらみんな死ねばいいのに。



土曜日の深夜、メガネ氏とその幼馴染みとROUND1で遊んできました。
当初の目的はボーリングだったのですが順番待ちが長すぎてまずスポッチャへ。
大人になると運動するにもお金がかかるんだね…

汗をかくのは気持ちいいと思えるようにはなりましたが運動神経が鈍いのでやっぱり柔軟系が精一杯。
ホットヨガしたいー

その後ちょこっとビリヤードで遊びました。久しぶりー

やっとボーリングが空いてきたので深夜一時近くから3ゲーム。
楽しいけどちょっと眠い…
ビリヤードでは勝ったけど重量のあるボーリングはうまく扱えません。
ガーターかストライクかの極端な取り方をしていたけどそのうちに完全にコントロールを失って、最早投げた玉がどこへ行くのかは予想不可能になりました。
3ゲームやってもわたしが倒した総合のピンの数は超へなちょこ。

よっぽど筋トレしないと無理無理。

さて深夜3時に帰宅、就寝は3時30分。
翌日は見事夕方の3時までベッドでごろごろしてました。
うわぁ〜

さて、今朝起きてみるとサッカーした右足とボーリングした右腕が筋肉痛。
ねぇこれって一日空いたことになるの!?


あー…


月曜日から午前帰りとか…
残業のときに限って電車が運転見合わせとか…

ないわー…

一週間前から仮病使って通院と嘘つかないと有給が降りないとかもないわー…

とったこともないわー…

取ったら裏切り者扱いの空気もないわー…


早く新しい仕事につきたい。


8月ほぼいっぱい群馬行きがないのかと思うと情緒不安定に拍車がかかってよくないな。
だめだなー自立しないとなー。

とりあえず部屋を片着けたい。
posted by 稲本 at 00:11| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月17日

ジブリはわたしの原点です

昨日は10時くらいに帰宅できたのでハウルを途中から見ましたよ。

ジブリ史上一のイケメンとか言いつつ優男なイメージがありましたが、確かイギリスでYoutubeで見たハウルは10分刻みで読み込まなきゃいけないし一部欠けてたりであんまりよく覚えていなかったのですが…

いやはや! 途中から見ても集中さえできれば本当にハヤオミヤザキ素晴らしいよ!!

しかし「耳をすませば」あたりから宮崎氏は若者のラブを惜しみなく盛り込むようになって親の前で見るのが恥ずかしい作品になってきました。ラピュタとかナウシカあたりは「この2人もしかして!?」くらいだったのに。

千と千尋あたりから美少年の萌え要素を取り込むようになったしね。

で、まぁハウルは声もイケメンの代名詞、木村拓哉ということで、ダメダメなところもありつつあの無邪気に飄々と自信家なあたりがものっすごくかっこいい!
そしてシンプルだけどあの鎖骨と手首と指先の魅力をふんだんに引き出すあの衣装…
総合すると、ハウル、エロい。
あいつは絶対エロい。
あんな男が裸で風呂から出てきたり、気を失って無防備に寝てたりしたら、なんか

「ちょ、ちょっとくらいいいかな…」

って思うよね(何が)…

家を引っ越してトイレも増やしたとか部屋も作ったとかうれしそうに案内しながらソフィーソフィー呼びまくるハウルが非常にかわいかった…甘えん坊め。
あぁぁ宮崎駿…あなたどうしてそこまでイケメンを描くのが上手なの!
パズーはかっこかわいいし漢アシタカは頑固だけどかっこいい。ポルコはもう…一生近づけないとわかっているけど一生憧れていたい男だね。聖二くんはちょっとまだ全然弱いけどこれからいい男になってくれ。

ちなみに男性の目からみてジブリの女の子たちがどういうふうに映っているのかは気になるところ。
わたしがハウルやアシタカにキュンキュンするように彼女たちにもそういう魅力があるんだろうか。
普通の女子らしく、でもちょっと強さが強調されているくらいであんまり劇的にすごい感はないんだけどな。

あ、でもサンのツンデレぶりはすっげぇかわいいと思うよ。


そういえば、前にえりなのコメントで「グッドモーニング・コール」の続編「グッドモーニング・キス」の話が出ましたが、個人的に見てみたいのは「ミントな僕ら」の続編が見たい。
最終話での未有との会話のなかで、のえるがまりあよりもちょっと背が伸びたとぽつりと言た言葉がひっかかっています。
今まで一卵性双生児級にそっくりな双子だったけど、これからどんどん男と女で違う成長をしていくんだろうなぁっていうのをにおわせて終わったのが印象的で、きっと吉住渉の頭の中では今後成長していくあの子たちのビジョンはうっすらとでもあるんだろうな。まさか一生シスコンを貫いて女装させとくわけにもいかないし。
中学校卒業したらきっとのえるは男に戻るんだろうけど(そろそろ女装もきついだろうし)、男らしく育ったのえるが見てみたい!ちゃんと佐々と並んでも男友達同士に見えるくらいのツーショットが見てみたいなぁ。
まりあとべったりだったせいで女子にまったく抵抗がないあたりも、成長してどうなったのかが気になります。相変わらず女子に全然抵抗なく一緒にきゃっきゃしてたら未有がずっとやきもきしてそうでそれも面白そう。
まりあは相変わらずイケメンの間でぐらぐらしてそうなので佐々がやきもきしていそう。または佐々のしつこさに一度別れて、でも弟の親友なので切っても切れない腐れ縁…って佐々ダメ男じゃん。いやダメ男でねちっこい感は昔から漂ってるけどさ。

こうして10年も前のマンガを結局懐かしく思うのってやっぱりそれが自分の幼少期の記憶だからなのか、本当にそれが面白かったのかはわからないけど、ほかのマンガのことはほとんど覚えてないってことはやっぱり軍を抜いて印象的ではあったんだろうな。
ママレード・ボーイとか今思うとりぼんで連載してたのがびっくりなぐらいのぶっとんだ設定だし。今だったら別マぐらいのレベル?
きっと10年前よりもマンガ雑誌を買う年齢層が低くなったってことなんだけど、それって社会においてマンガ雑誌がより受け入れられたってことでいいのかな。

私の昔の印象では
なかよし→小学生
ちゃお→小中学生
りぼん→小学校高学年〜中学生
花とゆめ→高校・大学生
くらいだったと思うんだけど、いまや
なかよし〜りぼん→小学生
花とゆめ→小学校高学年〜中学生
ぐらいになってる気がします。

それぞれの読者たちが本誌を「卒業」して別冊や創刊号なんかに移行していって常に本誌は時代の最先端、っていう意見もあるけど、明らかに向けられている年齢層が変わってる気がします。

時代とはこうも移り変わるものなのか。

なんか今日は二次元(映画は四次元だけど)の話ばかりでした。
posted by 稲本 at 12:10| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月15日

修羅場よりも修羅場明けの一日のほうがきつい

どうも…ここ数日、某漫画雑誌に投稿するべくまいにちこつこつ頑張っていた稲本さんです…

たった16Pですが使っい切ったトーンは10年前お遊びで描いてた頃の比じゃありません。
画面が白いと落ち着かない…

イギリスで絵を描いてた頃の、制限時間中暇すぎて隙間なく描き込んでしまった習性が今になって影響しています。アンバランスにぽっかり白いといやっ

トーン代が洒落にならないのでB4を扱えるプリンタ、スキャナはいつか買わなきゃなぁ…


いいかげん本気で投稿(転職活動)しようと思い立って、過去何度も挫折したネームを掘り起こし描いた今回の一本。
ドキドキハラハラのどんでん返しとかよりも要はどれだけ気合いを入れたかだ!と言い聞かせて押し通してみました。
仕事で漫画編集のお手伝いして、漫画家さんな生原稿を見て思ったことは、漫画に大事なものはメリハリと集中力だと実感。ある程度波を作って表情でちゃんと感情を表して、あとは最後まで線一本ベタひとつ修正トーンに妥協しない根性さえあればストーリーなんてそこそこでも説得力はあるのです多分。

それこそ現代日本人が陥りがちな「どうせダメだから本気でやらない」精神がいちばん見ている側をイラッとさせるのです。
迷いだとか妥協ってのは線一本からテレパシーのように伝わってしまうから恐ろしいものです。

とにかく完成原稿がないと評価もなにもしてもらえないのでただ描くのみ。


初めて本気で趣味じゃない漫画を一本を描いてみましたが、12時間パソコン画面をガン見し続けたあとのペン入れやトーン貼りは目に激痛が走るほどの眼精疲労で目薬も効かず最終的には鎮痛剤に頼りました。フラフラで帰って、薬の前に何かお腹に入れるまで家の中でサングラス。痛みが引くまで作業もサングラスという異様な光景。

プロになると精神的にも肉体的にも辛いよ!と先人は言うけど、正直今以上に精神的にも肉体的にも辛いことは無いんじゃないかと思っているのでとりあえず今乗り越えたい。

とりあえず昨日は4時寝、朝出社前に原稿を発送して会社では無意味な二時間半会議。
会議資料を印刷していたら前の課の上司が通りかかり

上司「お疲れ様です。元気?」稲本「…眠いです…」
上司「ほんとだ大丈夫?すごい眠そうな顔してるよ!こんなときこそアスパラドリンクだよ!」

わたしが会議中よく睡魔に乗っ取られることを知っている…


会議も残業もなんとか乗り越えて帰宅、久しぶりにのんびりお風呂に浸かって泡脱毛まで堪能して小一時間の長風呂。
リラックスモードで次の漫画のネームをいじって寝たら朝8時に起きてしまって時計を見て一人で

「はぁ!?」

と叫びました…
電車には間に合ったけど…
おなかすいた…

注意すべきは徹夜明けの次の日というメガネ氏の忠告をすっかり忘れていました。
ほんとだね…眠いです。

レッドブルとカロリーメイトに翼を授けてもらいましょう。
posted by 稲本 at 09:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月08日

チームワークというもの

うちの課ではいつも
「これ前々から言ってるじゃん!」
「(いや初耳だよ!)」
というやりとり(一方的)が繰り広げられています。
前の課では長が毎朝じっくり朝会をし、必要なところに必要な情報を伝達してくれました。
うっかり直でわたしに来てしまう案件もメールのCCで拾って世間話感覚で聞き出しに来てくれたりしていたので本当に隙なく情報チェックしてるんだなぁという印象でした。
おまけに部下の評価が自分の評価、と上に交渉していて、とにかく自分の実務の評価は二の次で部下の成長を考えている長でした。
おかげでこちらとしてはルーチンの仕事をしっかりこなして、新規案件はしっかり長がついて一緒に調整してくれたので、まぁ大変なこともあまり殺意を覚えるほどの事件になることはなかったのですが、現うちの長が先日の会議でとんでもない発言を。


「あの人さぁ、資料見たら業務の半分が業務指示で、あと業務整理と、実務ちょこっとしかやってないよ」

いや、それが正に長の仕事だろ!


部下の仕事を自分の功績として横取りもしないし、部下の負担を隠してでかい口たたいて業務受けないし、堅実な人です。

見習え(誰とは言わないが)。


さてふとしたニュースについてリアクション。
佐藤健主演でるろ剣映画化の噂。

いや佐藤健はいい。問題は演出とその他の配役です。

薫は元々いらっとする役なのでこれ以上いらっとするグラドルとかはやめてほしい。
長澤まさみ級じゃないと許さない。

正直花君の配役も
瑞稀→長澤
佐野→山P
中津→斗真
中央→小池徹平
梅田先生→思い浮かばないがとにかく違う人
でいってほしかったけど。

または佐藤健より大人っぽく綾瀬はるかとか面白いかも。潜在視聴率も高いので客は呼べるかもしれないよ。
杏とかもよし。
野太い声が出せる演技派女優ならそれでいい。

さて、薫以外は正直あんまり思い浮かばないけど

弥彦→菅健太(もう14、5歳…でもこれ以上ちびっこで子役って浮かばない…剣二が生まれるくらいの設定なら使える!)
左之助→高岡蒼甫か市原隼人あたりのルーキーズヤンキー
蒼紫→意見は出ていたけど要潤。動かない役ならいっそ城田優。
志々雄→これこそ中村獅童
斎藤さん→オダギリジョー(笑)
恵さん→大魔神カノンを見ると長澤奈央のセクシー株急上昇
無駄に燕ちゃん→吉田里琴をイチオシ!でも最近は生意気キャラが多いね…
無駄に妙さん→癒し系井川遥


最後が段々無理矢理になってきたのでそろそろやめときます。
posted by 稲本 at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月06日

名医との遭遇

虫刺されの塗り薬が最早効かないまま手首や指、リンパをたどって腕にまで赤み、かゆみが回ってきたので昼休みを縫って病院に行ってきました。
大都会のビルのクリニックだったため、どんなせかせかした先生に当たるのかと思いきや、受信室に入ったら

「うわわわわわこれはどうしたんですかぁ〜?」

とのんびりあわてる80歳くらい(に見える)おじいちゃん。
虫刺されだと言うと

「これはですね〜この昆虫がですね〜、赤ちゃんを生むためにちょっと血をもらおうとして、そのときの毒が残っちゃったんですね〜」

と動物奇想天外的豆知識を呑気に説明してくれました。

「これにはですね〜、水分7割の軟膏と、飲み薬を出しますね〜」

異常なアレルギー反応のため、内側からも反応を押さえないといかんのです。

「この薬はですね〜南国の…なんといったかな」

なんだなんだ

「ハブという、強い毒を持った蛇なんかに噛まれたときに飲むと、すっと炎症が引く薬なんですよ〜」

たかが蚊がハブ並に…

最後に一通り診療を終え、先生が一言

「あなたは、今年わたしが見た虫刺されの中で、横綱級です」

だろうね!

おかげさまで軟膏も飲み薬も良く効いてます。


さて、今日は雲形定規が欲しくて、でも会社の近くの文具屋にはなくて意を決して世界堂まで行ってきました。
人混みの新宿を20分早歩きなかなかいらっとします。
さて、休み時間は計られてるわけじゃないけどおおよそ一時間。帰りや食事の時間も考えると15分程度で必要なものを調達しなければならないのですが…

しまった、トレーシングペーパーも買わなきゃ!
トーンも買わなきゃ!
ってことでなかなか瞬間的判断でトーンと定規を選んで購入。
品揃えと割引率に感動して会員カードも作ってきました。
安い〜そしてすごい〜

なかなか関東でここまで画材に特化してくれるところってなかったので(ロフトや東急ハンズはなんとなく上部だけのような気がして好きじゃない…)嬉しいです。
たとえ陳列が汚かろうと、整理さえされていれば必要なものはちゃんと買うのです。所狭しと並んでいる画材が好きです。
あぁ〜新町の成本が恋しいよ。
帰りはさすがに丸ノ内線で2駅分、電車を使いましたが、三丁目の地下入ってからホームまでの距離がまた長くていらっとします。
そうだよね三丁目ってそうゆうとこだったよね!知ってるよ懐かしいなぁ!!

眠気と空腹が襲ってきているのですがどうしてくれよう…
ゴマだれパスタが食べたいです。
posted by 稲本 at 21:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月04日

ご報告(夏恒例)

蚊に刺された…

たかがそれくらいで、と思われるかもしれませんが、わたしにとっては大事件。
ここ数年、毎年夏にはこのネタが登場していますが、わたしは蚊に刺されると物凄く腫れるのです。
去年は左手の甲を刺されて肘まで腫れました。顔をついに刺されたので病院に行ったらどうも蚊の毒にアレルギーがあるそうでステロイド系(強)の軟膏二本(今後のために多め)と抗アレルギーの飲み薬をもらいました。

さて、今年第一号はどこを刺されたかというと、右手の甲。
土曜日夜、夕飯を外食してきてベッドで食休みをしていたら、隣のメガネ氏が脹ら脛あたりがかゆいなぁとぼりぼり掻いて阿多のですが…ふと脛毛の一部に黒く塊のようなものが。
一瞬ゴミかなんかかと思いきや、メガネ氏が「蚊だよ!」と。
一瞬逃がしましたがメガネ氏がもう一度足を差し出したらまんまとよってきたところを仕留められました。

刺された直後、腫れ方を見たら似ていたので同一犯ということに。
うーんやられたなぁ。

さて、問題は刺されたのが右手の甲だということ。
いやぁ…右手に力が入らないねぇ。
今日は漫画を描くつもりだったのですが、下書き用のシャープペンを忘れてペンケースにはペン入れ用のピグマ一式が入っていたので、下書き残り2ページを差し置いてやむ無くペン入れ。
あぁぁあ右手が痛い…
手首やら指の間接やらが痛い…
毒が回りかけている腕もじりじり疼く…

一応予備の薬があったとはいえ、もともと免疫力が落ちているだろう時期にやられてしまったのでピークの3日目である明日、昼休みに皮膚科を探して行ってきます。

虫刺されがわたしにとって大事件なのは去年から会社にいる人たちなら周知の事実だしね…多目に見てくれ。


今度から外と群馬滞在中はどこでもベープを手首につけておこうかしら。
うわぁかっけー(棒読み)。

わたしたちが小学校高学年の頃、父が近所の薬局でアロマキャンドルみたいになおしゃれな虫除けを買ってきて、ワンシーズン室内(うちのリビングには網戸がない)なり屋外の花火なりに大活躍だったのですが、あれが欲しい。
posted by 稲本 at 20:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月03日

ツールに強くなってくれ!

SN3J0394000100010001.jpgまぁそりゃわたしもちょいちょいミスはやらかしますが、元々できない子なので多目に見てほしい。

さて、うちの課では情報管理が重要です。
何日に何件発注で何件納品でどこに発注で…
で、それをエクセルで管理しています。
種別毎にタブでわけで、ほぼ同じタイトルが並ぶリストがひとつのエクセルの中に4〜5種類。

もともとエクセルも文字入力ぐらいしかできない人たちが作っているので、しょうがないっちゃしょうがないんですが…

ねえいい加減気づいてみんな、来期3ヶ月でこの3ヶ月の5倍扱うのに、エクセルで管理なんて無理だっていい加減気づこうよ!
と思っても多くの人がアクセスに拒否反応を示すため課内では意見を受け入れられず…

時間がなかったのでフリーのスケジュール表を使って賄っていたのですが、これだとチェック欄があるタスクリストと期間のスケジュールのバーティカル表記がばらばらに保存な上に、途中のスケジュール変更するとき検索がきかないので計6つの項目を目で探さなければなりません。
そんなのイヤっ!
てことで、今日ひとつ大きな発注がキャンセルになったのと制作会社がまた遅れて午前中ぽっかり空いたのをいいことにアクセスで管理表を作り始めました。
できれば課内(少なくともツートップ以外の若い者組)で共有できるもんにならないかと試行錯誤中です。

というのも、6ステップくらいに分かれている流れ作業のはずが、メールと口頭と各所で別々に管理している表のためにて、Aさんがやった項目1がBさんの段階で項目アになりCさんにとっては項目dだったり…みたいな感じで正直照らし合わせがメンドクサイ→共有不足→スケジュール遅延
まぁ…チームまとめるのは実際誰だよって話なんだけど。

というわけで、AさんとBさんのメールさえチェックしていれば必ず両方もしくはどちらかを経由することを条件として、スケジュールDBをこつこつ作成。
あとは不用意によくわからない人がいじって勝手に変更されないようにしつつ、かつ簡単に必要な情報を検索できて、かつアクセス拒否反応を起こさないようなインターフェイスで…

…ハードル高ぇな。

せめてキーワードを*で挟んで検索くらいは何度も言わなくてもできてくれ(既に3、4回は教えてる)。

しかしながらこうゆう、猿でもできるようなツールを考えるのは好きです。
自分が猿なので、「このソフト苦手だから」って理由だけで嫌煙されるようなのは嫌だなぁと思う。
自分一人で作業するなら平気で3個とかツール併用してやるので、人に教えるときに厄介なのは知ってますが…結果が良ければ良い。
posted by 稲本 at 00:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。