2010年09月25日

戦闘体勢

気づいたら刀語について二回も書いてた。ぎゃ。
一回目のほうは書いたけど送信してないつもりだったんだい。
こわいこわい。

現在奮闘中の原稿は着物の話なので柄を探すのが大変です。
なんでデジタルにしなかったんだ自分…orz
平日は時間がなかったので今日世界堂へ買い出しに。わっさり買いましたよ!!
この原稿が終わったらデジタルに切り替えます。缶詰中のトーン切れほど恐ろしいことはないです。


完全に自分の趣味に走っていますが相変わらず着物は好きです。たぶんフォーマル着は可能な限り和服で生きていくことになりそう。だって合うパーティシューズがまずない。
でもやっぱりカジュアル着が一番好きです。チェック柄とかウール素材とか楽チンでよい。

でも先日参考にと思って覗いた着物やさん(大手チェーン)で店員につかまってなかなか大変でした。買わないって言ってるのに
「月々○○円だから!」
いやそれが何ヶ月続くのかまず言えよ。
正直そうゆうノルマ達成に必死な感じで来られると非常に困る。
しかもなんでかならずトータルコーディネートで買わせようとするんだろ。一時間断り続けるのってけっこうしんどい。
その点、古着屋だと必要なものだけ選ばせてくれるので非常に満足できます。不足していればまた探しにいく楽しみもできます。おまけにちいさい古着屋ほど本当に古い着物(=小さい着物)が多いので、わざわざ反物からマイサイズでつくる必要性がないのです。

まぁ、現代人には小さいからって500円で売ってた着物で、その店の二代目に「その着物おっきくない?」と言われたくらいですからね…今は裄64センチをマイサイズとしてますが、62でもいいのかもしれません。身丈140センチの着物でもおはしょりできちゃいますからね。

いま目論んでいるのはでっかい大島紬(高級品をセールでゲット)をマイサイズへお直し。
でもいきなりいい素材はこわいので、杜若のポリ小紋から直そうかね。


さーて、腹ごしらえしたら帰って修羅場です。
posted by 稲本 at 14:16| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月21日

自分への投資です。

三連休はメガネ氏がやってきて料理三昧でした。よく食うのです。ついでにこっちの都合も交えて色々試作。サラダのトッピングが好評でした。

メガネ氏といると気を付けなきゃいけないのが昼寝の誘惑です。
土曜日も日曜日も爆睡して気づけば夕飯の時間でした…
見事なまでの安眠枕。

土曜日はビックカメラに行ったついでについに買ってしまったコミスタ…!!
これでもうトーン切れに悩まされないぞ!
パソコン一台で済ませたいのでパソコンでペン入れの練習中ですがなかなかうまい線が引けません。引き直しができるということで手書きなら妥協してしまう線も納得いかないんだろうか…とりあえず今後の画材代は大幅に浮くと予想されます。
いやしかし…思い切ってPROを買ってしまったんだけどね…初期費用が痛い。

買ったはいいものの今回の原稿はアナログで手をつけ始めてしまったので今回はアナログでやりきります。がんばります。トーン切れても買い足すしかありません。うう…


刀語というアニメにはまりました。
テンポや話の雰囲気作りが非常に良い。
でも見てると主人公二人のラブラブ度が高まるにつれて見ていてこっぱずかしくて耐え難い…いやそれはどの漫画でも同じか。


あー…だるい。
会社なんて行きたくなーい(本音)
posted by 稲本 at 08:49| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月18日

好み

刀語というアニメにはまった。
先週の金曜日、帰宅してちょっとゆっくりお風呂に入ってテレビをつけていたらこのアニメが放映してました。
以前からANIMAXのCMでちらちら見ていたのですが、シンプルだけど癖のない個性的な絵柄(いや見ればわかりますよ!)と独特なサウンドが印象的で気になっていたのです。
タイトルを必死で覚えて検索、したらなんと月一放送じゃないですか!
そりゃぁOVA並みのクオリティを保てるはずだよね。
しかもアニメなのに一時間枠。すげぇ。

確か直前に黒執事が放送してて、その台詞のテンポと一本調子具合とアニメーションの動きの足りなさにイライラしていて、チャンネルを変えたら比較にならないくらいのハイクオリティのアニメ―ションが!というのが第一印象。あ、あの絵だ、と思いだして見ていたのです。

いろいろ見ていたのですが第一話は台詞のテンポがまだちょっと様子見な感じがあります。
回を重ねるごとに感性に任せて勢いが出てきてよいですね。
このテンポとこの絵のクオリティなら見られる。よしよし。
これって原作なんなんだろう。
ラノベだったら読めない自身がある。

音声だけで見てると、とがめが「しちかしちか」言っててかわいい。
当の七花は無人島育ちでのんびりしているくせにだんだん野心が芽生えてくるあたりがかわいい。やっぱり草食男子の皮をかぶった肉食男子(無自覚だけど)に弱い稲本さんです…
「俺の女に手を出すな」発言は、七花の成長と無邪気さをいいかんじに足して割ったかんじで非常に良いです。


野性児キャラには2パターンあって、武骨なタイプとお子ちゃまなタイプがありますが、お子ちゃまタイプの場合なかなか恋愛に発展するまで時間がかかったりします。
でも高校時代、小学生のころに読んでいたとクラスの女子が「赤ずきんチャチャ」(りぼんコミックス)を持ってきて、
「リーヤがチャチャに発情したらどうしよう…」
ととんでもない発言をして、ノスタルジーに浸りながら回し読みしていたメンバーにものすごい動揺を与えたのを思い出します。
まぁね…小学生で無邪気だけど狼男だもんね…
最終的にはチワワ級の目の潤み具合の犬になり下がったけどね…
あのキャラクターたちが15歳くらいになったらそれもあってもいいけど、とりあえず、小学生のうちはそのままでいてほしい…


あ、別件ですが、やっと漫画投稿の賞金がきました。
青森帰省の旅費にします。
posted by 稲本 at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月15日

スローライフに憧れる

やっと涼しくなってきました。
寒がりで洋服選びが嫌いな稲本さんは早くも着物を着て生活したい。


先週末、多分二年くらいぶりに彼方さんとお会いしました。
多分って言うのはお互いカウントの基準がおかしかったので(笑)
もとはインターネットで知り合った方なのに、いつの間にかこんな長いご縁になれて嬉しいことこの上ない。
おまけに話していて本当に話が尽きなくて、不思議な縁です。
本当はもっとしっかりご飯をご馳走したかったのですが、フツーのゴハンになっちゃって自分的に残念。むむぅ。
作ってあげたい彼ごはん、一日一品ずつ実践してこうかしら。自分の好き嫌いで選んでると一向にレパートリーが増えない!思うんだけど彼ごはんは彼に食わせるよりも女子デートの方が盛り上がれる気がします。

今電車の中で前に立ってるOLさんがよしながふみの「昨日なに食べた?」読んでますが、そりゃぁ毎日6時に帰ってしかもおいしそうに食べてくれるパートナーがいるなら毎日の料理も苦じゃないんだけどねぇ。


そういえば彼方さんお勧めの有川浩の「植物図鑑」あらすじを聞いて非常に気になってます。
アタシも時間が許すな鉢植えでら家庭菜園とかして自給自足したいー!動物は死んだり殺したりが嫌なのでスーパーマーケットのお世話になりますが。

正直ラノベのどたばた感って苦手なんですが…うずうず。
ラノベのね…長台詞で掛け合いとかされると、どうしても、キャラクターの動きがスポンと抜けてしまうのです。
だって掛け合いの台詞だから、途中で息継ぎとかするだろうし間も置くだろうし表情もしぐさも声量も変わるはずなのにそれがまったく記述されていない。
それまで色々文字を頼りに輪郭を描いていたのに、この台詞をどう言ったの?というところで突然無責任に放り出された気分になるのです。

おいしいコーヒーの淹れ方シリーズや江國香織はそのへん不思議と読みやすい。
なんだろう、読む早さに関わらず、時間の流れが自然に一定な気がします。
ぽつぽつとしたのが好きなのは小説に限らず生活全般なのかも知れません。

今日も早くもこんな時間。
うちの会社は強制停電でもない限りノー残業とは無縁かもしれません。
posted by 稲本 at 22:56| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月02日

台所事情

引っ越して10ヶ月、やっとトースターを出しました。
置場所がないのをいいことに全然出さなかったのですが見事料理までせず…

会社の勉強会と称した林間学校みたいな企画でチームごとに料理対決があるとのことで料理できるできないの話になったのですが

「稲本さん(仮)料理得意?」
「料理は好きなんですが食べるのが面倒なので最近めっきり…」
「普通『作るのは嫌いだけど食べるの好き』とか言わない?」
えぇそうです。
工作の勢いで食器や料理は好きですがなにぶん小食なので食べることにはあんまり興味がない。
甘いものは好きだけど食べる暇やブログに載せる暇がなければ必要ないわけだし。
余って保存しても2日目には飽きるので無理。よって作らない。

ほんのちょっとのおかずを作るために鍋一個コンロ一口塞ぐのがもったいないので三つに分かれてるフライパンを検討していたのですが「絶対使いにくいよ!」と周囲の猛反対にあうので買ってません。考えてみりゃたしかにどでかいフライパンで更に溝が増えるなら狭い流しでは殊更洗いにくいよなぁ…
三つに分かれたままその形で個別になったフライパンなんてないものかねぇ。

ほんとはル・クルーゼのちっこいのがほしいんだけど。調理器具として使えてそのまま食器になるなんて素敵。ミニオーブンで高さが足りるかが不安ですが…
そういえばスチーム料理用のシリコン素材の似たようなのもありますね。気になる。

いろいろ考えてもやっぱりキッチンの導線と言うのはなかなかに重要ですね。
わたしの場合キッチンによって食生活が45度くらい変わることがわかったので(あとは生活リズムで45度)やっぱり大事。
あと一畳、調理台として使えるスペースがあったらなんてわがままだよなぁ。


近々彼方さんをご飯に招待する予定なので久しぶりにレシピ本やらブログをうきうきと読み漁っています。
食べてくれる人がいて作るって本当に幸せ♪
張り切り過ぎて変なもの作らないように気を付けます。今年のバレンタインはいい例(甘さゼロのチョコレートケーキ)…。
posted by 稲本 at 14:20| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。