2011年07月30日

言語のすごさ

やっとテストも終わったとたん、出したと思っていた必修のレポートをすっかり出し忘れていて超びびる。今日出しました。ふう…。

上級英文法の講座も四回目。出るたびに、いままで漠然と読んだり聞いたりしていた言葉が実は深い理屈があるんだと思い知って、やっぱ語学ってすげえなーと思うと同時にアメリカ英語の移り変わりにびびる。
いやそうやって言語って発展してくんだろうけど…理屈がどんどん隠れていってしまうのは考えどころ。言葉っていうのは人間が考えていることを表現するために作られた後付けの能力であって、やっぱり未だに生まれながらに持つ想像という能力を100%言葉に置き換えることはできないのね。
だからイデア論というものがあるのね。別にイデアという生前の魂の世界があるとは思わないけど、個人のイデアの世界とはやっぱり言葉なりサインなりの能力を通さなきゃいけないわけです。
わたしにとっていちばん表現が難しいなぁと思うのは、愛の告白で使う「好き」という言葉。
人に恋したとに真っ先に出てくる感情って言葉にするとしてもこんな単純な言葉じゃない。いろんな欲求を総合して、周りとの共通の認識に置き換えるのであれば、「好き」という言葉が最も誤解なく伝わる合言葉みたいなものだと思っています。
だから無自覚から告白までキャラクターを動かすのはけっこうな重労働だったり…やりがいはあるけどね!

なんの話だったっけ…英語の話だ。
で、まあ英語は最低限野垂れ死なない程度に話せるので、そろそろ違う言語にも憧れを抱いて、中国語に手を出しました。中国系の人って中国に住んでる12億人の他に、各国に移住してる人も入れると世界でいちばん話されてる言語とか。
正直、少なくとも義務教育とか必修科目だった英語ほど習得できるかどうかわかりませんが、小池栄子とか4年で中国で値切り交渉しまくれるくらいに喋ってるので、頑張ればなんとかなるんじゃないかと。
あとは…ルームメイトと中国語で話すチャンスが作れるかどうか…。
彼女もアメリカも行ってたし言語習得に関する困難は理解してくれると思うんだけど…習得するのと教えるのは違うからな。

あー…
母語ってすごい。
posted by 稲本 at 23:57| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月19日

引っ越し終了〜

ついに引越が終わりましたー!!一ヶ月前から始めたのは正解でした。ふう。
まず段ボールはガムテープ不要なストレージボックスだったので詰め直しが何度でも可能。前から持っていた不織布のストレージバッグもあったので出るゴミは中にいれていた小分けようのビニール袋のみカラーボックスの収納も小分けの箱を紐で止めてそのまま運んでくれました。
ゲストハウスと提携している格安の引越プラン(個人の赤帽)に頼んだら彼方さんにあげたポールハンガーの送料よりも安かった。すごい!
こんなじいさん一人で大丈夫かと不安になりましたが(だって自分のドアの半ドアのアラームが聞こえてない耳の遠さ)新居のエレベーターなし三階まですべての荷物を運んでくれました。
作業がじいさん一人だったので移動も助手席に乗せてもらえて、何だかトトロの冒頭の引越みたい。わあい。

新居ではルームメイトがちょうど京都に行っていてその日は帰ってこないということで、思いっきり荷物整理することができました。なんたって実質三畳(六畳の二人部屋なので)なので、なんとか荷物を詰め込んだかんじ。それでも翌日また手持ちで荷物をいくらか運んだので、収まってないといえばそうなんですが…。
しかしカラーボックスがすぐ横にあるのは何かと便利。教科書も漫画も化粧道具もすぐ横。
すのこベッドは持ってはきたけど使えないので妹に送ろうかと。

日曜日も1日かけて残った荷物整理。基本的には捨てて、どうしても必要なものだけ手持ちで。
新居に戻って初めてルームメイトと対面。中国人だけど日本語が流暢すぎる。中国人気質故か気を使ってくれてるのかドミ生活が長いのかいろいろ質問してくれて助かる。
日本人の悪いところは事前に疑問を予測できないところ…え、それってわたしだけ?

三日目はまず東急ハンズで夜勉強用のスタンド購入。
床の傷補修の実演販売をしていて、クレヨンを一本購入。
退去立ち会いのため大宮に戻って早速前日補修した傷のうち目立つ方で試す。
クレヨンの融点が90℃なのでライター出とかして傷に塗り込み、かたまったら平らなもので余分なところをこそげとるわけですが、さすがハードタイプ…かたい!
色はちょっと違いましたが、いざチェックに来たスタッフは家電故障と荷物置き忘れは入念にチェックしてましたが傷とかは全然気付かれませんでした。むしろ傷のほぼ真上とかにバインダーやらおいててヒヤヒヤ。
心臓に悪い時間でした。
荷物は事前に処分したし、残っていたのはうっかり忘れの一部だけ。

買った照明(LED!)でさっそく勉強しましたが、妹と相部屋時代を思い出します。この状況、寝てる人には悪いけどすっごく集中できて好きです。


さて、あしたからまた仕事。
今週末はテスト。
がんばるぞー…ふへぇ。
posted by 稲本 at 01:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月15日

ついに最終。

もうすぐハリポタが始まりますね。公開前のインタビューを見ると、主要三人はしょっちゅう見るのでいいのですが脇役たちの成長にびびります。ネビルとか。

駅や会社が入ってるビルとかに大迫力のポスターが貼ってあったりして、三人並んで背景に全校生徒が写ってるのはハーマイオニーのボロボロ具合に「何があったの〜!!!?」と気になります。
全員が左向いてるピンのポスターは…あの…グリントさんのヒゲが…(;´д`)何歳設定なの?

さて、とうとう明日は引っ越しです!まだ部屋は散らかってます。そろそろ諦めてパソコンとプリンターは接続はずした方がいいような気が…今夜ゲド戦記でも見ながら決行ですかね。さすがに。
これまで前職でも通勤に一時間以上、今は一時間半以上かけてる生活から脱却して徒歩15分(ナビタイムによる)の生活になります。
区内の図書館は平日8時まで開いてるので帰りに寄ることもできます。
何より嬉しいのは痴漢が最強な埼京線かの脱却!!
なんたって痴漢で捕まった男が「埼京線は痴漢していい路線だと思った」と吐いたとかなんとか…
あれですかね?特定の電車に乗ってる女性はDVD のロケ中だとでも思ってるんですかね?
思うに埼京線や湘南新宿ラインはまずサラリーマンがやたら多く、女性は圧倒的に少い。しかもみんな少なくとも赤羽、長くて新宿までは確実に乗るので身動き取れない時間は15〜30分と長い。そしてみんな極力遅れたくないので面倒な手間はかけない。
という条件から、痴漢側は
「もともと密着してるんだから偶然なだけ」
と主張できるし、女の子側もそんな不快だけど偶然とも主張できてしまうものに時間なんて裂いていられない。

でもねぇ…明らかに電車の揺れと逆の振りで擦りよってきたり、身動き取れない社内で必死に女の子だけが50センチじりじり移動しても密着してるのはおかしいよねえ。

…これ以上言うと世のおっさんどもを人以下に罵りそうなのでやめておきます。


先日お土産で頂いたオーガニックせっけんが切れたのでロフトでせっけん物色。
どうもボディーソープとかの液状のソープに含まれる界面活性剤が苦手なようで、おまけに今後お風呂に必要なものを減らそうと思い、Dr.ブロナーのせっけんを試してみました。
クレンジング、洗顔、ボディー全部OKということですが、正直クレンジング力はあんまり期待してなかったのに…実際使ってみたら、オイルでもくすみが残るアイラインが一発でスッキリ! ただの洗顔のときは水多目で泡立てて使うと皮脂をとりすぎず、昼過ぎても前ほど脂が出ない。すごい!
肌のためにいろいろ揃えても面倒だとつづきません。
シンプルなのが一番良い。
posted by 稲本 at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月09日

これはこれでいかも…?

やっと大きい荷物は収集してもらいましたー
結局ここの部屋では使えなかったダブルサイズのマットレスと布団とか
壁がやたら厚くてあんまりものが入らないけど見た目だけはかなりお気に入りだったチェストとか…
新居に不要な扇風機や掃除機やトースターなんかの家電などなど…

不用品をまとめておいたスペースがまるっと開いたので、そこに暑くて眠れなかったロフトから布団を下ろしてきたら…あら…これはこれでいいんじゃ?
多分寝床を隔離してしまうので散らかるんじゃないかなーと思います。
だって学生時代の一人暮らしはほとんど散らからなかったし。
寝ながら散らかった部屋見ると落ち着かないのです。いろいろやり残した気がしてしまう。
いや、それが正しいわけだからそれに逆らわずいればきれいな部屋をキープできるわけですよね。
でもロフトだと完全に別空間なので危ない。

で、残すところはあと冷蔵庫、机とカラーボックスの上(捨てないけど細かいものは全部ここに乗せた)、夏服。夏服はもう引越し当日にわさっとストレージボックスに入れればいいやとたかをくくってます。
パソコンとプリンター…これも当日ブランケットとかにぐるぐるっと巻いてしまおうかなと…

とりあえずゴミ捨て場に捨てて心苦しくなるような回収に困られるものはもうないので、あとはちまちま捨てていくだけです。これならなんとかなるかも。


簡易書留の再配達をうっかり当日に設定してしまって、今日待てども待てども来ず返送されてしまってから気づいたって言う…
ちなみに何が返送されたかって言うと、ハローワークからの郵便物と漫画の賞金。
どっちもお金絡み!! 死活問題…はぁぁ〜

とりあえず、電気水道ガス止める連絡でもします。
posted by 稲本 at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月05日

人生まだまだべんきょうぶそく。

調子こいて英語科目二教科落としました。初追試!!ぎゃ!!

昨夜は久しぶりに彼方さんとお会いしてごはん。アジア料理の食堂に行きましたが、味がほんっっとに日本じゃなくてびっくり。もうちょっと日本好みにアレンジされてるもんかと思ったけど…これはこれで本場っぽい。旅をしたくなりました。辛かったけど(笑)

残業ながら一時間半ちょいでお別れ。会社の飲み会もあったのですが直接現地行ったら高台席に一番乗りでどうしようかと思いました。みんなすぐ来たけど。
場所はすごくお洒落なとこで、内装もステキ!!また機会があったらぜひ行きたい。

最近はリサーチで様々な神話を調べまくっていますが、昨日はついにアーサー王伝説に踏み込みました。
勝手にアーサー王伝説というと鈴木央のライパクです。いろいろ見てったら意外にもランスロットがアーサーの女を奪ったりアーサーが女子も喜ぶオッドアイだったりガウェインがなぜさっくり霧亜と結婚したかの謎が解けたり、全部が全部ではないけどなにかと引用してたのね。
トリスタンが先月DVD で見た「トリスタンとイゾルデ」のトリスタンだったのはびっくり。つい「あいつか!」と。へぇー。
アーサー王伝説、最後の衰退具合はなかなか悲しいものですが、はっぱりかっこいいもんはかっこいい。神話よりも肉々しくなくていい。神話はなんて能天気。
思えばアーサー王伝説の本場ウェールズ、一応行ったんだよなあ…たしかに町中で既に遺跡っぽいのが道路のど真ん中にあったり、標識が二言語だったり物々しい感じはしてたけど、それどころじゃなかったもんなあ。今度は予備知識を着けてからもっかい行きたい。

最近荷物を捨て巻く手いるせいか、やけに色んなところに行ってみたくなります。身軽ってのもいいもんですね。
posted by 稲本 at 09:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。