2011年10月31日

コミティア行ってきたよ

夏冬の祭典には行ったことがないので初のビックサイトでした。
会社の同人描きさんに
「いなもっさんオリジナルなら投稿もあるけどコミティアって手もあるよ」
と教えて頂き、じゃあ下見に行こー!と思ったらその同人描きさんも知り合いが出てるってんで右も左も分からぬ私をビックサイトの会場まで連れていってくれました。

結局買ったのは漫画よりもイラスト描きさんの画集を数冊。
むしろ一枚画やカラーがにがてなので自主的にそうゆうの描ける人が羨ましい…
でもだいたい雰囲気はつかめました。
ボツ投稿作が貯まったら出そうかのうー。

あ、あとその同人描きさんと一緒に本を描く予定です。
二次創作は久しぶりだーとか言いつつ彼方さんの小説で漫画描かせてもらってるのと大して感覚が変わらないことにき付きました。あれれ。
あ、BLなのは新鮮です。勝手な自分への課題ですがこのBLのカップルを如何にゲイに仕立て上げるかが課題です。セクシュアルマイノリティ、人間関係論、コミュニケーション、哲学、いろいろ入ってきていて楽しい。いえ、研究グセがうずいて、ね。
漫画学というとなんかお遊びのように聞こえて残念ですが文学だって小説が登場し始めた頃はお遊びであって後に学問になるだなんて思ってなかったかもしれないし、和歌なんて最早貴族の遊びや思い付きのラブレターなわけで、まさか後世の人たちがそのとき思い付いた17字の言葉を一生懸命研究してるなんてちょっと事件が起きたあと中2病的ノート公開されてる気分なんじゃねぇかとあわれに思ったり。
人気作源氏物語とかは続編もあるけどどこまでが紫式部が書いた続編かははっきりしてないらしく、別の人が書いたらしいものもぼろぼろあったり。つまり二次創作の歴史もここからあるわけですね。深い。
漫画学も研究する文化のひとつであり、二次創作も原作を理解し解釈して描くものだから恥じる必要はなかろうということです(開き直り)。
あ、ちなみにやおい漫画の原点は春画だと思う(またいらない一言を…わかってますよ)。
あとゲイだからってエロが必要だとも考えてません。ゲイ漫画だけど男性にも人気なよしながふみの「きのう何たべた?」が男性読者にも人気なのはそうゆう女子だけが喜ぶような要素を徹底的に排除してるので同棲カップルなのにキスシーンさえも出てこないってところだと思います。一瞬匂わせたのは美容師ケンジお客さんがシロさんと一緒に居るときに遭遇して「あーこの人が年上でプライド高いくせにネコの彼氏?」というくらい。まあわたしもそこではじめて「確かにこの二人だとシロさんがネコだな…」と納得したくらい、その気配がない。
でもそのおかげで彼らの安定したラブラブ生活が表現できてるんだろうなー考えてるなーと思います。
「ニューヨーク・ニューヨーク」もゲイ漫画ですが少女漫画なのでけっこうイチャイチャしてます。でも10年も前の漫画でやっぱり今よりゲイへの風当たりの強さを感じます。当時のアメリカがそうだったのか、負い目がある主人公の目を通した表現だったのか、日本人が日本で描いたからなのかは今となってはちょっと調べてみないとわかりませんが。

という感じにマイノリティな恋愛にも興味全開なので、楽しみです。うふふ。
posted by 稲本 at 01:51| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月22日

朝と化粧と漫画の話

朝起きられないのが深刻な問題の稲本です。
寝付きの悪さは改善しましたがねおきの悪さは未だに課題。
ルーチンであればこそギリギリの時間を逆算できるようになってしまい、稲本時間は標準+一分、だいたいその一分で電車を一本見送ったり。うぅ…


そういえば目の下のクマが気になってコンシーラーを使うことにしました。
今まで何度か試してはみたのですが一向にコンシーラーとしての効果がない…ということでちゃんと調べてみたら、クマの色には二種類あって合ったものを使わないと意味がないらしい。
まず疲労、寝不足からくる青クマ。これにはオレンジ系のコンシーラー。
もうひとつはアイメイクの色素沈着による茶クマ。こっちにはイエロー系のコンシーラー。
どうやらわたしは青クマなので、オレンジ系のコンシーラーが必要で、そもそも今まで肌荒れの色に合わせてイエロー系のコンシーラーを使っていたのが間違いっていうね…。
あともうひとつ。冬になって空気が乾燥するようになったら化粧水だけでは対応しきれなくなって乳液を購入。平日は朝半分寝ながら化粧するので、どうもファンデーションが浮いてるなーと思うのは会社について目が覚めてきた昼以降なのですが、今日じっくり化粧してみたら、ん、ファンデーションつけた時点でもうノリが悪い…。
どうも乳液がしっかりしみこまないうえからファンデーションを塗っていたのでそれこそ液状化現象を起こしていたよう。
乳液使うのはほぼ一年ぶりなので肌もいまいち受け入れてくれないご様子。
まあ馴染むまでしっかり叩き込むか、余分な油分をティッシュオフかだな。

そういえば、私の漫画を読みたい!と言ってくださるありがたい方々が何人かいらっしゃいまして、でも投稿用に描いた線ってWeb用にしようとするとつぶれちゃうんですよね。で、下記のサービスでβ版だけどまあまあきれいに表示できるので使ってみました。

http://ineco.sees.clip-studio.com/site/

適応サイズにした時点ですでにいくつか効果トーンが飛んだりしててプ─゜+.─(*`з´*)─.+゜─!!! でもまあ今まで自分で試したなかでいちばんキレイなのでしばらく利用しようと思います。
posted by 稲本 at 13:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月15日

長湯アイテムget

肩凝りには長湯がいいっていうけど本がふにゃふにゃになるのやだし本よりもっと時間を有効に使えないもんかとスマホの防水ケース購入。最近電車に乗らなくなったらブログの時間がないのよね。
ってことで今度から半身浴タイムがブログ時間になりそうです。

修羅場にはいる少し前、日本で唯一の大学の漫画学科漫画の教授の本を買いまして、「印刷はだいたい8ページ単位で刷るので八の倍数のページでおさめる練習をしておきましょう。これができれば16
24でも32でもだいたいできるようになります」という言葉を信じて8ページ漫画を練習しようと。

というわけでまたここで彼方さんに私信。あとでちゃんとメールも送りますが、夢想のメンバーで8ページ漫画三本ほど書かせていただけますか|д・) ソォーッ…

茉里の短編は時間が経てば経つほどコテ入れしたくなるのでしばしお待ちを…。゜(ノдヽ)゜。

さて、汗もかいたのでそろそろブログタイム終了。
のぼせて誤入力が増えます(笑)
posted by 稲本 at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月02日

稲本、原稿を落とすの巻

どうもこんにちは。やはり最近Twitter派の稲本です。
年に一回、四誌合同の某出版社による新人賞は消印有効の日付が変わる直前、一ページだけ印刷エラーで印刷落としました。うへへい。このまま春の本命雑誌単独主催の新人賞にちょっと手直しして送ります。ページ規定一緒だし。

今回、最初に描いていた一本目がページ数ミスの大誤算。
そもそも30ページ代なんて仕事しながらひと月で描けるわけないので急遽24ページの新しいのを作ることに。プロットは仕事中の午前中(おい)と昼休みに、その日の帰りに東急ハンズに勉強会でプロ漫画家二人が普通に使っていた青シャー(正確にはミントブルー色のシャー芯)の存在を買いに走り、そのままネーム&下絵を一気に作成。
家のスキャナは気まぐれでときどき調子が悪いのでコンビニのスキャナで一気にスキャン。おお、ほんと青線でないよ!出るとこもあるけど黒鉛筆線のほうが当然勝つので水色が出るのは黒線がないところだけ。
この取り込みをした日のフォルダの日付が9/12になっているところを見るとかなりせっぱつまっている。二週間ちょっとで24P。いや印刷エラー以外は結構がんばったと思う自分。

さて、このネーム&下絵中、ルーミーのチャイちゃん(仮名)から
「相談なんだけど、やっぱり眠れないから室内での作業は12時までにしてほしい」
と提案される。
アナログの紙での作業やタイピングのみのレポート作成作業はネットブックやスマホがあるしリビングでできるからいいんだけど、作画作業だけは部屋のデスクトップPCじゃないとできないわけです。
かなりのピンチ。爆音で作業してるわけじゃないし、そもそも部屋で人がなんかちょっとそわそわ動いてるだけなら平気で眠れるからドミ部屋選んだんじゃないの!?とその日は憤慨。
翌日「一応年に一度の(一番大きな賞で、というのは言わず)プロになれるチャンスだから、なるべく時間は守るけど時には12時過ぎるかも」と相談したら、締め切りまで残りあとちょっと(翌日平日の日は残り4日)だしねーということで快諾してくれました。
その他よく夜遊びする子なので半分くらいは深夜1:00とか1:30まで帰ってこなかったりして作業できたりしました。

一番厄介だったのはそれよりも、短大のレポートやテストとかぶっての作業だったこと。
そろそろレポートは全部パスしないとやばいし、迫っていたテストは3教科中2教科は追試。
なので昼休みはレポート、家では漫画、チャイちゃん就寝または帰宅と同時にリビングに移動して勉強、という生活をしていたら三連休明けに貧血で欠勤することになりました。
学生時代、朝礼なんかで何度かしゃがみこんだことはあるし、何より前の会社のアホハゲボスから理不尽に怒鳴りつけられたときとか「うちのチームのことなんだから知ってて当然だろ!」「(初耳だよ…!)」という状況になったとき二度ほど人生で初めてショックで貧血になりましたが(ああ〜人間ショックで倒れたりすることって本当にあるんだな〜…とぼんやり思った)朝から確実に貧血で欠勤、というのはさすがに初めて。そのまま誤字脱字を何度も正しながら同じチームの社員の子に連絡→意識を失う…
夕方ぐらいになってやっと生き返ってきたので鉄分系のサプリメントを買いに行く。

最後の一週間、12時というタイムリミットのせいで夕飯の時間も惜しくてウィダーインゼリーとかプロティンダイエットとかを夕飯にしていたらチャイちゃんから
「そんなのばっかだから貧血になるんだよー!!」と言われる。
だって、正直、人生において物噛むのめんどくさいんだもん…!


締切前日、昼休みに表紙の下絵を描いていたのですが、実は今回の漫画の主人公の男のこのモデルが隣の席の派遣仲間の子。
描いた下絵を見たいと言われたものの
稲本「ごめんね…まだとちゅうで、かとさん(あだ名)のキャラまだ裸なんだ…」
かと「ええ〜なんか恥ずかしい〜…!」
と嫌がられる。

その後、会社の新人正社員があまりにも使えず派遣わたしともう一人が契約更新してくれないかもよ!と、移動してしまう社員の子(貧血のときメールした子)が脅したらしく、それを共有してくれていました。
いやもうほんとに使えなくて…一か月前に言い渡した仕事がまだ終わってないとか…
その日中何時までにやたらきゃいけない仕事が時間遅れる上にミス多発とか…
そんな社内内輪チャットをしていたらかとさんが
「あたしまだ派遣の更新してないんだよね〜('∀`)フンフフ〜ン♪」
みたいなことを言い出す。正直彼女のリアクションが大好きなわたしは
「かとさんが辞めちゃったらあたしが毎日出社する楽しみがないじゃん!」
でもかとさんは鼻歌で聞く耳持たず。なので追い打ち
稲本「かとさんが辞めちゃったら、かとさんのキャラ裸のままペン入れしてやる!
かと「わーごめんなさいごめんなさい 服だけは着せてあげて…!

効いた…!!?

結局帰宅して修羅場でしたが今に至る。
やっとゆっくり寝てお風呂にゆっくり入って
家のみんなに「ダメだったテヘ」みたいな報告をしつつ今に至る。



今ふと、家の子が相談に来たのですが、
チャイちゃんがやたらの家の中の生活音についてケチをつけてくると。
相談者は英語はベラッベラだけどあんまり異文化に対する免疫はないらしく、外国人との交流も直近付き合ってた人が外国人だっただけ、とのことで結局日本文化しか把握していないご様子。
なので
「中国って言いたいこと言わないと気が済まない文化で、彼女も思ったことを言ってるだけだから対応できる限りは対応して、それでも言われるなら『あ、ごめんねー』って言っときゃいいよー」
と言っときました。
きっとチャイちゃん文化では言い返さないからそのまま自分の要求を呑んでくれてると思ってるんだろな。
相談すれば了承してくれるし(12時までってのはなるべく守るけど締切前はまああとちょっとだしねーとOKしてくれたりとか)単純にそうゆう文化なだけだから気にしなくていいよと。

しかしその相談者の彼女、それで「シンガポール(ほぼ中華系)で就職したい!」とか言ってるけど大丈夫なんだろか…
彼女自身も転職のための勉強をみんなご飯食べる時間帯ずっとリビングでやってたり空き部屋だった部屋をわが物のように平気で使ったり、けっこう自由勝手な子だなーと思っていたのですが…
ま、彼女に反論という能力さえ身つけばシンガポールでもやっていけんじゃなかろうか。


そんなことを思った原稿落とし空けの日曜日でした。
チャイちゃんが展示会でもらってきたというプラセンタゼリーを呑んでみたけどグレープフルーツ味でおいしかった。彼女が試してみた翌日曰く「けっこういいかも」とのことでちょっと期待。

ほんとは渋谷にブロナーのせっけんとせっけんシャンプーのリンスを買いに行きたかったんだけど…めんどくさいな。。
明日会社帰りにしよっかなー。

とりあえずぐだぐだしたい気分なので、ベッドでごろごろしつつ溜まってた花とゆめやララの主要目的じゃない漫画(主要だけはその日のうちに読んだ)でも読むかなー
むにゃむにゃ。
posted by 稲本 at 14:34| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。