2011年06月20日

引っ越し決定

本日二件ゲストハウスを見てきました。
一件目は男女共同のゲストハウス。
まぁ、値段の安い共同ハウスって男臭くて無秩序だったりするのですが…

とりあえず案内に沿って向かう。
「●●商店街をまっすぐ…」と書かれていて、●●商店街につくと、商店街が今話題の大河ドラマの主人公ゆかりの地らしく、その姫ゆかりであることをアピールするのぼりがいたるところに。
ん、これこの前スクーリングのときに来た中華料理屋さんがある商店街じゃないか…?

とりあえずゲストハウスの前で不動産やさんと落合い、中へ。
印象は…何この廃ビル?って感じの薄暗い物件…
共同スペースはリビングではなく、ちょっと広めの廊下。
部屋は…壁が上まであってチェアがベッドなだけのネカフェ。
キッチンは住人19人に対して3口。
キッチンスペースは半畳。
うん…無理。
帰国直後のゲストハウスより悪条件。
まあ場所が場所だから仕方ないと思いつつ…そしてメガネ氏の上京時の滞在先がなくなるのは申し訳ないと思いつつ、心の中で速攻却下。
物件を出ると、実は目の前がスクーリングのときに行った中華料理屋さんでした。
つまり学校まで徒歩5分くらい。ウケた。


さて、物件が狭かったので内見は30分で終了。
次の物件は15:00から溜池山王。
なのに13:00についてしまい、お昼がてらベーグル食べつついろいろ検索。

そうそう、短大が終わったら芸大に入りたいと思っていたのですが、大阪芸大の短大を考えていたのです。
というのも、うちの短大を出ても芸大に入るには2年次編入。
じゃあ芸大短大の2年次に編入して一年で卒業、芸大の3年次編入したほうが最初一年目安くできるんじゃ?って思って昨日資料請求したのですが、今朝になってよくよく見てみたら、複数ある入学・編入案内のうち一つだけに備考で小さく
「短大じゃ芸術系短大中退か卒業じゃないとダメ」
と…は!? なんで芸大短大卒業してまた短大の資格がいるのよ! そこまで大阪芸大短大のブランドがあるのか? そうなのか!?
とりあえず学歴として世間に必要とされるからほしいわけで、大学のクオリティは自分で卒業制作見て決めようと思うものの、大阪芸大短大通信教育課程の卒業制作見てもわたしにはあまりピンとこなかったので、資料請求はしたけどスルーすることに。
じゃあどうしよう〜と思って京都造形芸術大学のサイトを見たら、オリコで教育ローンが組めるっていうことを見て思い出す。そういえば最初の頃も見たけど、当時は月2万の支払いもきつくて断念していたのでした。今なら何とかいける、来年4月以降ならより一層イケる…!!
ということで行くなら京都なんですが、なんせスクーリングが京都だったときが面倒。
と思ったら、バスで行き1万、帰りはなぜか6千円くらい。…いけるかも!

あと気になってたユースホテルの情報を調べてみたら、すごいねーこんな安く泊まれるならいいね。旅人同士知り合えるのは楽しそう。一人旅が好きな人ってこうゆうの活用してるからばんばん旅行できるのか?

ってことでいろいろ夢をはせつつ計画を立てて時間をつぶしてもまだ一時間余って、隣の本屋さんに移動していろいろ興味のある本を読み漁ってみる。
確か発想を逆転させて隙間産業しちゃおうぜ的な本と、20代のうちは貯金なんて考えずにばんばん金使っちゃえよ!って本。タイトルは正式には覚えてない。
フォトリーディングの本を読んでみてよかったなと思うことは、こうゆう雑学本はじっくり読もうがばばっと読もうが結果内容の40%くらいしか覚えてない。なら時間をかけてじっくり読むよりも短時間でざくざく読んだほうが達成感を味わう回数が増えるのだからいいんじゃないかと。
でもたいしてがっつり読む本にお金をかけたくはないから、立ち読みで十分じゃないかと。
まぁほんとはもう一度もう少しじっくり読めたほうがいいんだろうけど、相変わらず必要に迫られないとやらない性格の私は、これでレポートでも書いて提出しろって言われない限りじっくりは読まないと思う。


さて、待ち合わせの時間になったので待ち合わせ場所へ。
シフォンのブラウスを着た、ふわっとした感じの営業さんが登場。
そして前回もそうだったけど、なぜか不動産会社の人、物件までの道でわたしの名前をネタにとっかかりを作る。
まぁいいけどさ。
とか言いつつ今日の担当の人も関東では珍しい名前だけど青森ではよくいる名前で、案の定秋田の血筋だとか。
物件は新しいのか、まぁきれい! 2人部屋が3つ、リビングは広々。
赤いソファもかわいいし。お風呂も湯船があってふつうのお風呂。
部屋は二段ベッドで、机なしを覚悟していたのですが予算少しオーバーのほうは机あり。なんと。収納は押入れがない分前みた物件より少ないものの、逆にルームメイトと仲良くなれそうな雰囲気が気に入って、でも予算が気になり
稲本「ちょっと家帰って、父に相談してみていいですか? もう一件考えてるところより5000円オーバーなので…」
営業「あっ なりますよ? 6か月以上の長期滞在していただければ。」
とあっさり。そういえば3万円キャッシュバックとか書いてた! 5000×6=3万円ということらしい。

もうためらわずに確定。まぁ、二人部屋はハイベッドほどプライバシーはないかもしれないけど、同室は中国人だそうで。これで中国語Tなんとかなるかも…!
とりあえず、今年いっぱいは現状維持、年が明けると少しずつ一段二段とリボの負担が減るので楽になればまた一人部屋も検討できるしね。

契約書書いてる間、営業さんに電話が来て少し時間ができ、待ってる間に勤務地までの徒歩時間を検索してみたら…

15分。

はは。自転車停めるところはないけど自転車もいらないw
だって今の家から駅までで徒歩17分。電車1時間がないなら余裕で歩ける。

前の物件のデポジットが家賃よりも高いのが一番の懸念点だったのです。
これでデポジットの差分、もう一つの物件より3万円浮きました。


しかし、ここを見る前に立ち読みしたお金の本で、「僕は10年賃貸です。無駄だといわれるけど、住処は状況によって変えるものだと思っています」と。
確かに。転々とするのが嫌でアパート借りてみたけど、いるものも増えたけどいらないものも確かに増えた気がする。
なんとなく、次に踏み出すことをためらうお荷物なんだなぁと。
思えば小さいころは妹よりも親に迷惑かけないよう我慢我慢を続けて、海外行ってもほとんどイギリスという地を堪能せず、帰国したらしたで極貧生活。
やっと給料が落ち着いてきて、ほしいものは全部買う生活をしてきたのだから、そろそろ無駄なものはためらいなく捨てる生活にステップアップしようかと。

なんとなく男女共同の安いゲストハウスだとステップダウンな気がするけど、ゲストハウスの個室でステップアップするにはもう少し予算が必要な気がします。
いやね、定収入でも頑張ってる男性陣と同居ならいいんです。
離婚して日払い労働になっても「こんな安いとこに住めば生きてけるんだからいいじゃねーか!」っていう人がごろごろいるゲストハウスが嫌なんです。その終わった考え方を共有されるのがすごく自分に害になる気がしてしまうのです。

だからもう一か所に落ち着くのは、結婚するまでいいかなーと思うのです。今は。半年後にはどう思ってるか知りませんが(笑)

そういえば、ここ一年くらいまともにお金の収支を考えてなかったなーと思って、家計簿を買おうと思ったんですが今こんなものが出てるんですね。

image/2011-06-19T23:42:42-1.jpg image/2011-06-19T23:41:05-1.jpg

ほぼ通帳。
上京と同時に作ったみずほ銀行の通帳を母親に巻き上げられ、さらに返せと言ったら巻き上げた事実を完全に忘れ「持っていない」と言い張るもので、わたしには通帳がない。なのでちょっとうれしい。
考えてみればこんなシンプルでいいんだよね。
今後しばらくのマネープランをエクセルで立ててみたけど、この形とほぼ一緒。

さて、来週引っ越し業者に見積りに来てもらうために今週はしばらく部屋の片づけをしなければ…小物は今のうちにごみ捨て場につっこんでおきます。
posted by 稲本 at 01:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
良い物件が見つかって何よりです♪

ユースホステル、良いですよ!私が一人旅行する時はいつもユースホステルを利用してます。安いし、同室者と仲良くなったりオススメ情報交換しあったり。あとは食事も美味しい所が結構あったり。あちこちにあるのでぜひぜひ旅行の際は利用してみてくださいo(^-^)o

ところでポールハンガー、そんなに大きいんですか?大きさ教えていただけるとありがたいです(>_<)
Posted by 彼方 at 2011年06月20日 11:15
一人旅って自分で自由に観光できて、でも共有する人がいないのはちょっとうずうずしますよね。ユースホステルはそんなことがなさそうで楽しそう。

ポールハンガー、怖がらせてしまって申し訳ないです;メールでもご連絡しましたが、クロネコCランクです。
Posted by 稲本 at 2011年06月21日 23:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/210769512

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。