2011年06月26日

今回の引っ越しは順調

一か月も前から引っ越し準備を始めると、計画性が出ますね。
なるべく早くに部屋をすっきりさせたいもので、今日は書類処分。
明細とかってなんとなく捨てるのが怖くてほぼ全部取っておいたのですが…出るわ出るわ明細書! そのまま捨てるわけにはいかないので、シュレッダーをかけようにも、私が持ってるシュレッダーって3COINSのちっこいやつなのでA5よりちょっと大きいくらい。厚みも紙一枚程度しか処理できず…。一発でシュレッダーかけられるサイズとかけられないものを仕分けして、明細を封筒から出して、広げて、半分に切って、一枚ずつごりごり。
やたらと蓋が空きやすいので、床の上で右足で蓋を抑えて右手でハンドルを巻きながら左手で一枚ずつ入れていってごりごりごりごり。
…昨日の夜から始めて、今日の昼家を出るまで続けて、帰ってきてからまたやって、やっと終わりました…45Lのごみ袋、約3袋分。
…うん、こまめにかけるものなんだよね、このシュレッダー。
保存期間を付けることにします。6か月以上前のものは毎月処分、とか。
給与明細も捨てたことはないはずなので、出るわ出るわ。こっちはなんとなく今まで頑張ってきた功績なので処分せず。源泉徴収もちゃんと4枚出てきました。4年半務めてたので正解。

あ、でも途中疲れて、でもエンジンは入っているのでフローリングの傷の補修をしました。
以前傷をクレヨンで埋めたら逆に目立ったのです。
なのでアクリル絵の具で上から塗装。木目も一応再現。
やったーと思った矢先、ドライヤーを落として別のところをちょっとへこませました。どうしよう…物をどけてみて目立つようなら直そうかな。
壁の傷もパテで補修中です。パテに色をつけて、上から塗料を、でこぼこの出っ張っているところだけにつくようざっと塗れば完成なのですが、パテの色が合わず、そして埋めた分がうまく平面になってなくて、今朝になってやっぱりもう一回色調整。パテ絵の具と水を少しずつ足して白い塗料の下に透けている色を再現…したつもり。それでもつなぎ目でパテが盛り上がってしまうので、筆でちまちま溶かして壁になじませてみた。あとは色だけです。うう、うまくいくかどうか。
床は結構な出来なのでこのままワックスかけたらバレやしないだろうと踏んでいるのですが、壁は壁紙のぼこぼこ・色味を再現できるか不安が伴うので、クロス張替費用を計算。途中壁に鏡や鴨井があって壁紙がいろいろ切り取られているので、インテリアとしてどの範囲を直すのが一般的なのかをメガネ氏に聞いてみる。とりあえず『つぎはぎが嫌だから一面』と業者が言うなら鴨井の下一面張替が一番有力説。ガイドライン的にはクロス張替で一面だけ違う色になってもよいそうなので、鴨井から下完全に分断されているなら上まで張り替える必要もないんじゃないかという結論。

不用品処分は最初さいたまの業者にメルフォで見積り依頼したら3日たっても返事がない。
電話してみたところ「忙しいとなかなか見られないんだよねぇ」じゃああんなフォーム(しかも超不便だった)作るなよ!
おまけにその場でだいたいの見積りを聞くも、どれを聞いても「うーん状態を見てみないとねぇ…」「これもこれも、買い取りはできないよ?」って、それこそオンライン見積りフォームなんて作るなよ。結局電話しようがなんだろうが、話が進まないところってことで参考にしますーと電話を切る。

で、とりあえず業界一の安さが売りというところに電話してみる。
「他社より1円でも高かったらお申し付けください!」
とか言う。なのでまず電話で訪問見積り依頼。久しぶりに電話対応がいいスタッフで安心する。
帰宅して、業界二位の口コミランキング(一位は↑)のところでなんとオンライン見積りができて、「実際の決定額でお見積り以上高くなることはありません」と断言していたのでそこで見積りを表示させてプリントアウト。
まぁつまりこれより高かったら言えるというわけです。

しつこいのですが、今日部屋に入ってきた広告で「他者のお見積り表があったらお見せください。絶対損はさせません!」とあって、つまり
二位のところの見積りで一位のところの見積りを下げさせ、さらにここの会社にそれをしれっと見せればさらに安くなるんじゃないかとは思ったけどそんな面倒なことはいい加減しません。

部屋片づけて余裕があるならヤフオク出品も検討中。出品料ってかかるんだっけー…結局売れずに出品料だけっていうのはいやだなぁ。ちょっとちゃんと見てみよう。
とりあえず今日はまだ売れる写真撮れるような状態じゃないので、もう少し明日片づけて撮れるようにがんばりたい。

あとブックオフの集荷も依頼。買い取りできない本は古紙処分してくれるっていうのを信じて!
漫画は「これ以上集めなさそうだな…」というような、新刊出てるけど我慢できちゃうのとか、結局COOKPADアプリで足りそうな料理本とか結局型紙が合わない洋裁の本とか。

古着とか雑貨は…こればっかりは見積り次第で、チャリティで送ろうかと思います。
送料だけでよいのでね。アクセサリー、フィリピンの子供が喜ぶそうで。結構アレルギーでつけられなくなってしまったアクセサリーがあるので、今後そういうのがちまちまあっても受け入れ先があるってことか。それはいいな。平気だったシルバーもダメ疑惑が出てきました…


しかし結構残業なしで帰っても電車の止まる率を考えると平日の作業はほぼ無理っぽい。
うーん、明日たこ焼きパーティなのですが、辞退して片づけを敢行すべきか検討中。
posted by 稲本 at 01:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/211858575

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。