2011年09月01日

美容日記

お久しぶりです。稲本です。
「とりとめもない一言つぶいてなにが面白いんだよ!!」と思っていましたが、mixi facebook ホームページ全部を一括でちょっとした一言で更新できるtwitterの便利さに負けっぱなしです。


最近どうにも肌が乾燥して皮膚がぼろぼろするので対策を考えました。
本当はアカスリしたかったのですが、関東ってアカスリの文化が薄いんだってね。東北では割りと普通。浴室のラックも既に六人分のボディタオルが隙間なしに掛かっていてこれ以上増やすと乾きが悪くなりそう。
やっぱりスクラブかなーと考えたのですが、塩とオリーブオイルで作るかスクラブは安上がりだし手軽だけどオイルで浴室がヌルッヌルになるので共同の風呂では面倒くさい。ボディショップに行こうかとも考えたけどその日はもう昼過ぎで、化粧をする気にもならず電車乗らないと行けないような場所は却下。
市販のボディスクラブのクチコミを見ても、「皮膚がボロボロになるので別途要保湿」か「洗ってもヌルヌルする」の二分化していてめんどくさい。
この時点での候補は
★取りあえずドラッグストアに行ってみる。
★スーパーで買えるもので手作りスクラブ
というわけでドラッグストアへ。

ちなみにこの辺の生活の場は逆に田舎の商店のようで、品揃えがよくないです。
まあ本来住むような場所じゃないからね!
というわけでドラッグストアはろくなものがなく即効退散、スーパーへ。
スーパーは日曜日で特売らしく、今まで見たことないくらいの混み具合。確かに、ここらへんは大宮で140円くらいだった食パン一斤が200円する。それが特売だと大宮と同じくらいになるのでそりゃ買うよね。
でもわたしの目的はスクラブの材料探し!
塩は痛そうな塩しかないし…
と、目についたのは米ぬか。
米ぬかのスクラブは清酒と混ぜるもの、はちみつや牛乳と混ぜるもの、とその場で検索できたのですが、はちみつは昔LUSHのはちみつ使ったボディジェルで体にぼこぼこ見たこともないくらい大きなニキビがぼこぼこできたので怖い。
それにスクラブとして使ったところで、排水溝詰まったらまた面倒くさいなと考える。
更に調べてたら「米ぬかと精製水でスクラブ」「ぬか袋でお肌つるつる」とか出てきていっそぬか単品でいいじゃん!ってことでぬかだけ購入。布は伊右衛門のおまけで集めた手拭いを使うことに。

で、日曜日からずっとぬか袋持参でお風呂にはいっているのですが…これがなかなかにいい。
Dr.Bronnerも使ってますが、ぬか袋で気になる顔のざらつきをこするとつるつるになる!
結構ピーリング効果があるので限度を知らないと肌がピリピリします。アカスリしたいなーと思ってた部分も全く気にならなくなりました。乾燥の痒みもなくなってしっとり。なるほど確かにぬか袋があればアカスリもいらないかも。

ぬか袋は浴槽に浸けて絞るとそのまま保湿入浴剤になるし、糠を絞ったお湯は適度に油分があるのでトリートメントにもなるんじゃないかと思ってやってみたらいい感じ。
去年の夏、寝不足に加えて某市販シャンプーのコンディショナーが洗っても洗っても髪に残るおかげで背中とオデコがニキビだらけになり髪の保湿はなかなかの難題。
とりあずミヨシの石鹸シャンプーにしてオデコニキビは大方改善されましたが背中は別の原因のようでそのときは治らず…。思春期に肌荒れに悩まされなかったわたしにとっては人生最大の肌荒れ期でした。
石鹸シャンプーは肌にはいいのですが髪にはどうも健康的すぎるというか、髪が本来の質を発揮しすぎて…元々つやつや髪の人はいいんだろうけど、もともとちょっとうねり髪のわたしの髪は見事うねる。そして市販コンディショナーのように髪の一本一本をコーティングしないのでキューティクルもひっかかるひっかかる。
でも椿油はうっかり酸化させるとひどいに追い出しダイレクトに油すぎてまたさらにうねりを強く出してしまうし。
て考えてたにのですが、米ぬか絞ったお湯はちょうどよいです。
欲を言えばもうちょっとしっとりしてほしいけど…自分の髪質や堅さを考えると…妥当。

ってことで米ぬか一袋95円、なかなかに満足な買い物です。
安いのでふんだんに使ってます。米が主食の国に生まれてよかった!

風呂上がり、自分からぬかの臭いがしてなんだかちょっとおいしそうになった気分。
石鹸やバニラの香り、香料の強い市販シャンプーよりも和むのはやっぱり米で育ったせいなんだろか。
流石にシェアハウスできもの生活はしないけど、やっぱり科学が発展してないころの古来の生活の知恵はいいもんです。うまく併用していきたいものです。
posted by 稲本 at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/223513678

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。