2011年03月13日

地震のこと

今回一番大変だったのは想定以上の津波のようですね。
あとは土砂崩れですか…
揺れによる建物の崩壊とかは、阪神大震災で大丈夫だと思っていましたが。
幸いにもみんな起きている時間帯。阪神大震災はみんな寝てる時間、起きてても朝食準備とかで火を使ってたのが災いしてものすごい犠牲者が出たとの話ですが、今回はどうなんだろう。まだ発見されてないだけなんだろうか…


地震発生時は会社で、わたしの部署は会議が終わった直後、遅いお昼に出た人が数名。
金曜日の昼下がりで忙しいけど休み前ののどかな雰囲気。
わたしはというと、相変わらずエロ漫画のバナーを作ろうとPC画面には卑猥な画像がみちみちだったころ、除所にフロア内で「地震だ」と声が上がる。
最初は呑気に「縦揺れだねー」なんて言っていたのですが、だんだん揺れが激しくなりビルがきしむ音が聞こえ、袖机の引き出しが揺れで空くのを抑えたりしていたらついに防火扉が揺れで開いてしまい、スプリンクラーも誤作動、近くのPCが水浸しになるのをついみんな茫然と見てしまう…
しばらくしてとにかくビニール系統のもので覆うかと、巨大なロールのプチプチくんだとかゴミ袋をとりに動く。今考えてみたら、オフィス内にはみんな大量の置き傘があるわけだから、こっちでもよかったんだけど、あっけにとられて考えが及ばなかった。
総務から納会のときに会議室に使っていたブルーシートが渡され男性陣がびしょぬれになりながらパソコンを覆うものの、スプリンクラーは一向に止まらずどんどん床に水が広がっていき、「漏電の可能性があるから水を踏まないように!」との指示でオフィス内はパニック。机の下に置いているPCや箱なんかを上にあげ、だんだん足場がなくなって、二度目の揺れが来て水も広がるしでついに避難することに。

さて、まず大変なのはここがビル30階で、避難経路は階段。
途中で派遣さんが具合が悪くなり数名で介抱、あんまり団子になると迷惑になるので一緒に降りていたうちの派遣さんを先に行かせる。
途中のフロアで休憩していたら、そのフロアの人は「やっぱり逃げたほうがいいですかね?」とわりときょとんとしていて、温度差を感じる…まぁね…うちで一番パニックになってる理由はスープリンクラーだからね…
ちゃんと降りてることを確認しながら外に出ると、出口で課、部署メンバーが待っていてくれてちょっとジンとする。
近くの公園に移動しようにも、公園はいっぱいで入れず立ち往生…
昼に出ていた人たちに連絡をとろうにも、携帯が繋がらないのであたふた。
そういえば社内で飼っているウサギ(電子書籍サイトPR用)はどうなったんだろうと思ったら、ちゃんとお世話係の女の子が持っていたウサギ用バックの空気穴からおしりの毛がぼそぼそ出てました。
連絡が取れた人はわらわらと人ごみをかき分けて団体で帰ってきて「すげぇ、アルマゲドンみたい!」ともてはやされる。
外から見ると、それぞれのビルは耐震のためにぐにょんぐにょん揺れていたらしい。
あんなに立ち止まった人であふれかえった西新宿を初めて見た。すごい。

だんだん雨が降ってきたのでとにかくビル内、一回のロビーに移動することに。
ロビーに戻ったら連絡が取れていなかった前の課のバイトさんがいて、話を聞いたらみんながどこかわからないから一回階段で30階に行って、暗いなかなぜか床がてかてかしている(水の反射)のを見てまた降りてきたらしく「もう膝がガクブルです」と元気そうでよかった。
ちょっとみんな余裕が出てきて、ワンセグでニュースを確認したり、一部Ustreamで現状を中継したり(←これはちょっと…)ワンセグで見たのは仙台空港が完全に水に囲まれている映像、車がスーパーボールすくいみたいに流されている映像で、もうそれがワンセグのノイズなのか実際に悲惨な状態なのかわからない状態。

個人的に地味に不安だったことは、もしうちのビルが倒壊してしまってみんなもう駄目で、でも何らかの素晴らしい技術でオフィスの状況が再現されてわたしのパソコンのデータが復旧できてしまい、余計なお世話で遺族に知らされたとき…

わたし人生最後にエロ漫画加工してたことになる…!!

その不安を心配したうちの派遣さんが必死に課長代理の飼いネコの画像を見とけと課長代理のiPhoneを寄こしてくれるが「だってここで見たって公式記録にならないじゃないですか!」とわめく。

とりあえずしばらくみんなでざわざわした後、みんな階段でオフィスに戻ることに。
つ…つらい…
ぜーはー言いながらオフィスに戻り、夏に街なかで配られていたうちわや扇風機が大活躍。
足元は水はあふれていなかったけどカーペットが水を吸って、他の水は床下に行ったらしく業者が入ってずーっと水の撤去。
定時になっても電車が止まっているので、徒歩で帰宅組、会社待機組に分かれてそれぞれ対応。JRが終日運転しないことを確定した時点でわたしは会社に泊まり決定。他にも何人か待機組はいましたが、みんな深夜までにはなんとか復旧して残りは女子1人と男性3人、総務の担当者が2人、翌日休日出勤の届を出していた人が1人。
最終的には別室の空きテナント(広)が解放されてぽつぽつと雑魚寝。ブランケットの代わりとして毛布、ひざかけがありましたが、気を使ってもらってわたしはひざかけとこたつ布団を貸してもらいました。
あの…気を使ってもらってすいません…田園都市線が復活していたので多分従妹一家の家には行けたんですが、なにぶん連絡がつかない上に復旧したのはかなり遅い時間だったので会社待機しました。まさか女子1人になるとは…思ってなかったんです…
こたつ布団程厚みがあると、一枚で寝袋状態になってしまえば床の冷たさや硬さも気にならず眠れました。

朝起きると総務の2人が電車復旧のお知らせをしてくれ、朝食用にパンと飲み物も買い置きしてくれていたようで、ありがとうございます。朝食だけじゃなくこれからしばらくの非常食用に大目に持っていけと言ってくれました。
とりあえず電車も一応復旧しているということで、3人ですが団体で駅に向かうことに。
無事駅について解散、電車にたどり着いたものの電車がなかなか出ず、小一時間でやっと発車、そろそろと見合せながら2時間かけて大宮に到着。ぎゅうぎゅうの満員電車でしたが幸い途中から座れたのでまだ楽な方。

部屋の被害はテレビの上のアロマポットとパキラが落ちて鉢の中の小石が散乱していたくらい。
あとの惨劇は自分で散らかしたものなので文句も言えず…
とりあえず大目にもらったパンを食べて(電車のなかでぺちゃんこになっていましたが)落ち着いてお風呂に入る。夕方には実家ともメールが普通に繋がるようになりましたが停電が続いていたので妹が電池切れそうとわめく。
思い出したのは、中学校のときに技術の授業で作ったラジオ。
妹のクラスでは普通に電池式の木のラジオだったのですが、わたしのクラスでは緊急時用の、ハンドルで発電できる懐中電灯・ラジオ・コンセントのプラグがあるものを作っていたのです。成功率が木のラジオよりも低いということでしたが、わたしはクラス最速のペースではんだ付けを終え無事に完成。ずっと父がそれを補完してくれていたらしく、しかも10年たった今も無事に動いてくれて停電中の実家ではラジオを聞くのに大活躍してくれたらしい。役にたって本当によかったー。そして我が家は二種類作れる確率のクラス分けで本当によかった…下手したら2人とも木のラジオを作っているところだった。

停電が復旧して、惨劇を映像で見てさすがに妹たちもびっくりしたらしい。
本当…映画みたいだけど現実なんだよね…。
前の地震の時は、直後が雨で大変なときもありましたが、こう晴れて天気が良くても物悲しすぎて嫌になります。

マグニチュードが修正されましたね。
こうして逐一更新されていく情報が怖い。
これも地球の気まぐれなんですかね。
人間て無力。

これを機にtwitterを始めました。mixi、facebook、このブログを連動するようにしました。使い勝手は今後検討。
posted by 稲本 at 12:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月11日

肩こりが課題

昨日はどうにも朝から首と肩が張って、痛いわけでも頭痛がするわけでもないけどどうにも違和感があってマッサージに行ったらまたタイムセール中だったので40分やってもらいました。
相変わらず凝りすぎていることにびっくりされ運動をしろと二度も諭される。少しは…してるんだけどね…


そういえば卒業式シーズンですね。袴姿の女子をちらほら見つけて羨ましい限りです。わたしは短大の卒業式出られるのか。それ以前に卒業できるのか。べつに今の学校を卒業することにこだわっているわけじゃないので単位さえ稼げれば儲けもんだとは思っていますができれば卒業はしたいです。あースクーリングの予定チェックしなきゃ…

しかしいいなぁ着物。着物は肩こり腰痛知らずといいますが私の場合座り方が悪いのか脇腹あたりの腰にきます。正座椅子買えばいいんだけどね…あとコーリングベルトももう一本必要。襟元がどんどん崩れてせっかく抜いた衣紋もすぐに無くなる。着物の手入れする時間さえあれば、着物生活のほうがコーディネートに俄然手抜きしてもそこそこに見えるので楽なんですけどね。


さて、メガネ氏たちは本日卒業式。おめでとう。これからも引き続き頑張ってください。
posted by 稲本 at 08:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月10日

今日も寒いです

おはようございます。稲本です。
なかなかコメントやメールを返せてませんが読んでますよ。

IPSとは何ぞやという疑問を解決する間もなく作業作業ですが日曜日の目の痛さは番外編のようで、その後サングラスかけなくてもまぁ作業できています。
早く会社でもらったモニターを持ち帰ってマルチディスプレイにしたいのですが会社から個人宅に送るにもキャリーケースガラガラ引きずっていくにも肩の激痛覚悟で担いで持って帰るにも勇気がなくて一月以上放置してます。あう…


今回は下書きに流用するつもりで割りと丁寧にネームを描いたのでそのまま下書きの時間がまるっと削減できて時間短縮。
いきなりコミスタに下書きすると原稿用紙が果てしなく広く感じられますがA5サイズは昔っから馴染んだサイズなので見るにも描くにも勝手がいい。コピー用紙だからアナログだけどトレース台もいらないしね。


会社でロゴやら画像素材やらがPC、スマホサイト用に作ることが多くなって、容量を気にしなくていいのでグラデーションやぼかしをかけまくり。楽しい。AquaMakerとかいうのを使うとMac風のぷるんとしたボタンが作れるらしいのですが、インターフェースの画像で制作サンプルがでつかく表示されててここまで見えればこっちのもん、イラレでつくれちゃうもんねーふへへ。
今までそれっぽく試行錯誤していましたが今回作業行程がはっきりわかって次回から多少楽そう。よしよし。


短大のレポートは現在哲学2。1のときは歴史の哲学だとか記憶だとか漠然としすぎていてチンプンカンプンでしたが2になったら思想とかなので1よりは普段考えてることに近い。
中でも気になるのが懐疑主義のエクストス。なかなか敵対するストア学派に勝てなかったのをストア学派の論理を用いて打ち負かすというなんともドS。もとは医者で別に懐疑主義にこだわらずいろんなものを見ていたらしいですがその知識と冷静さで長きに渡る戦いを淡々と逆転させる(しかも相手の土壌で)あたり相当素敵だ。

レポートは画面の狭いネットブックにOpenOfficeを開いてやっていますが、ずっと横書きにしていたのですが今回思い切って縦書き二段に。
横書きだと見えて数十行、前後に何を書いたかすぐ見えなくなるのですが縦書き二段だと一発で見える範囲が広いし、多少画面内に入ってなくても内容がわかるので便利。
そもそも何か縦書き横書きって心理的に違うらしい。横書きは上から下に空白を追い詰めていくのでどんどん行き詰まっていく感覚があるけど縦書きはいつまでも左上部が空いてるのでそこにどんどん夢や空想を広げて書き続けられる…らしい。
まあ何であれ便利なのはいいことです。しばらくこのテンプレートで書こうと思います。
posted by 稲本 at 09:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月07日

生存報告

どうも、生きてます稲本です。
通勤電車内では英語版ノル森で松ケンと菊地凛子の妄想を膨らませ、帰宅後はネーム直しに奮闘していました。
ネームはなんとか描ききってスキャン、果たしてあと一週間でペン入れトーン全部終わるのか…?不安だらけ。
でもだいぶすっきり読めるようにはなったと思います。ふぅ。
ノル森はとつぜん洋書が読みたくなってブックファーストに行ってみたもののピンとくるものがなく…結局元和書。
なんか、なんだろうね、和書ってわたしは基本ジャケ買い→おもしろければ著者買い、なんですが洋書ってジャケ買いしたくなるほどビジュアルに凝っていないような気がするのはわたしだけですかね…
まだタイトルの英語だけじゃ面白さを嗅ぎ分けられるほど英語のバックグラウンドを理解していないだけかもしれないけど。
土曜日にネームをコミスタで張り付けたら翌日目が痛い。なんで。そんなに酷使してないのに。
とりあえずすこし寝れば治るかと思いきや寝れば寝るほど吐き気を伴う激痛に。薬が切れていたので外出していたメガネ氏が帰宅してから買ってきて貰いました。ありがとう。

やっぱり眼精疲労予防メガネ必要です…
色なしとスポーツ用サングラスが欲しい。

女子会すると女の子モードが上がって服が欲しくなるのですが相変わらずサイズが合わなくて試着室でテンションがた落ちするのももうイヤなので本気で洋裁教室に通おうかと思います。
本買ってもSサイズでも身長160センチ用とかなんだもん。製図から習得しなければ。
でも製図って「習い事」感覚で教えてもらえない。学校になってしまう。
短大は泣いても笑っても今年度いっぱいなので、それまでは短大と漫画に集中して洋裁はそれからにしようと抑制中。えぇ抑制してますよ。


やりたいことはいっぱいあるのに最近体がついていかない。
なんとかならないものですか。
ジャイ子が閉じ籠った缶詰が欲しい。
posted by 稲本 at 08:47| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月23日

漫画の進捗の話

いろいろコメント頂いて、やっと先日持ち込んだ漫画をネームから書き直し。
原稿はペン入れからやりなおそうかと…こゆとこ容量悪く完璧主義のA型。
前回はネームから何から全てパソコンで描いたけど、やっぱり印刷してみないとわからないバランスってのはあるものですね。
というわけで、プリントアウトした漫画を元に、原稿用紙のトンボと基本枠をプリントした紙に再度ネーム。
いろいろ総入れ替えしなきゃいけない部分があるので。
原稿用紙のリアル原画のように存在感がないのでなかったことにするのも簡単なPC製作は一長一短。ふんぎりつけやすいけど重みも少ない。いいとこ取りしていきたいです。

前回の反省点は、まぁPCで視野が狭くなっていたこと、あと男子観察を非常に怠っていたこと・何を思ったか苦手な外見にしてしまったこと、女子ファッションの研究不足などなど。。
服についてはニッセンの香里奈コレクションを参考に。
どうもわたしは自分が着られるサイズじゃないとかわいいと認識できないというファッションへの第一の関門があるようで、こんなに豊富に小さいサイズがあるのは正直ニッセンくらいしか見たことがない。
もっとおしゃれなもん見ようとも思いましたがどうも雑誌別にジャンルがあるはずなのに服自体は系統がばらばら、かと思えば特集では類似しすぎて区別がつかない差がわからない。ニッセンがいちばんわかりやすいです。

そして男子研究。ただでさえ女子より小顔にさせなきゃいけない(肩幅があるはずだから)のに頭がでかく見える直毛で手がつけられなかったので髪質をちょっと変える予定。そしてもっと濃いキャラになってもらう予定。がんばれー
こうして考えてると、演劇のときは1ヶ月かけて役者に作ってもらったり作らせたりして個性がにじみ出ちゃったりして固めてきたキャラ作りの作業が、漫画では作り始める前に一人で決めなきゃいけない。一人で作るのってほんとに頭を使います…
あと落書きというブレインストーミングも大事ですね。反省。

別ネームを後ろ半分ミニスクール後に描いたのですが、山場に大コマ使いすぎて後ろがつまった…残念。
不要なコマを削る作業が待っています。
ネーム直した作業がたまってますねぇ…
地道にがんばります。


やっぱり一日24時間じゃ人生足りないよー!!
posted by 稲本 at 09:02| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月21日

皇居行ってきた

SN3J000700010001.jpg
前日から宣言していましたが、女帝と皇居を走ってきました。朝早めに行ったのでシャワー施設は空いてました。
他に更衣室に人がいなかったので入ってすぐあるシューズロッカーを自分等のロッカーだと思い、開かないとおろおろしてから「もしかして奥…?」と縦長のロッカーに鍵を入れてみたら開きました。恥。
二段になっているうちの上段だったのですがなかなかに高くてハンガーかけるのも一苦労。
女帝はその場でレンタルしたウェアだったのでよかったのですがわたしは全身他社ブランドだったので受付の前を通るのがドキドキでした。

いざ外に出ると今度は皇居がどこかわからなくてうろうろ。
とりあえずauのアプリと通りすがりのランナーをアテになんとかたどり着く。
ランナーの数からしてコースと思われるところをウォーキングしていたらしばらくしてスタートとされるの桜田門が現れて、
稲本「あれっここがスタート地点ですよ」
女帝「なんかうちら完全におのぼりさんじゃん〜」
なんて話ながらランニングにシフト。
途中少しだけウォーキングしましたがなんとか一周完走しました。
走ってる間国会議事堂とか名所がちらほらあって「あ〜東京だな〜」と思う。

施設に戻ってシャワーしてドライヤーしたら髪が超ーうねうね…隣の女帝のさらさらストレートを見ながら
「あたしも今度からブローはちゃんとしよう…」
と反省する。

新宿に移動してランチ、暫く女子トークを満喫してから女帝のウェアを選びにHALCへ。
ぐるっと回ったけど結局ルコック。わたしが最初のとき接客してくれた店員さんが二人ともいて(うち一人はアームポーチのときもお世話になった)またお世話になりました。

そのあとヨドバシで女帝が欲しがっていたブルーレイレコーダーを下見。高いんですねブルーレイ…ちなみにわたしはVHSすら無いですが。

次回開催も決定ていたので、今回はこのへんで解散。
女帝の運動不足だという足元が心配でしたが…気をつけて帰ってくださいね。


帰りに切らしていたメイク落としと洗顔、あとやたらと顔の皮がむけるのでどうしたもんかと思っていたのですが資生堂から安くてやたらクラシックなデザインのふきとり化粧水が出ていて思わず買ってしまいました。かわえぇ〜!

早速使ってみたら中身はローズの臭いがしてほんとかわいい。
人によっては香料が肌に合わないひともいるけどわたしは関係ないみたいなので満喫。
これといつもの化粧水を使うとかなり肌がもっちりすぎて髪の毛がやたらつくのでベビーパウダーで保護。
しばらく様子見です。

夜はぐっすり寝た。
寝すぎた。
朝いつも通りに起きてしまった。意味なし。
最近むしろ休日のほうが早起き。
posted by 稲本 at 09:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月19日

地デジデビュー

レオパレスから地デジチューナー貸し出しの連絡が来ていたのでとりにいきました。
ついでにLOFTにあった1500円でヘアカットしてくれるところに行って伸びきった髪を落ち着かせてもらおうと思ったらいつの間にかなくなっていた。
まぁ…何気に前に行ったのは一年半くらい前な気がします。いつの間に…
大宮はほとんどカット4000円以上なので本当に髪のおしゃれは後回し後回しになってしまう。
うーん。
取り合えず切れていたせっけんシャンプーリンスを買って地デジチューナー受け取ってうろうろ。結局マルエツ近くの安いところに行きました。

が、お客はみんな主婦〜おばあちゃん世代で、しかも1人耳が遠いおばあちゃんがいて、その担当が風邪でマスクしているという最悪な組み合わせがあって、今日はパーマなのかカーラーなのか、ホットカーラーっていったい何なのか、おばあちゃんは聞こえなくて何度も聞き直して、聞こえたところでホットカーラーとパーマの違いだとか美容院で言われる単語がわからないと言って笑ってはまた聞き直して、を繰り返していて店員はかなりイライラしていました。
それ以外の要素は知らないけど一時間くらい待った気がする。待っている間雑誌を読み続けて、最近やっと治っていた肩凝りが再発…うーん。別に今日は急いでないからいいけどさ。

いざ順番が来て、
「ずいぶん切るのご無沙汰?」
とすぐバレる。
いやまぁね、体格に不釣り合いな位伸びた髪のボリュームがあったからね。
わたしの髪は広がりやすいので伸びたら伸びただけ広がりやすくなります。
参考に選んだ髪型が前髪短い髪型なので思い切って伸びきったセンター分けをバッサリ切ることに。これが後に悲劇を生む…
じゃきじゃき切っていって毛先も10センチくらいカット。
途中すっごい不安だったのが、美容師が店内を見まわした瞬間、櫛で上に伸ばした髪に鋏が引っ掛かった。
ビビビって鋏に引っ掛かった髪が切れる音が聞こえましたけど。
お疲れとは思うけど失敗は修正できる範囲にしてくださいね…
カットが終わって髪に入り込んだ切れた毛を洗い流し、ドライヤー。
なんかちんたらしてるなぁと思ったら、担当が忙しかったらしく髪を洗い流してくれた新人ぽい子がそのままドライヤー。
かと思いきや担当の人が指示を出して主任というネームプレートを付けた長髪の丸顔美女に交代。担当だった人が
「前髪おろして、後ろはこれ(参考の写真)みたいに内側にカールするように」
と指示を出していたのですが、主任はまず後ろとサイドを乾かし2種類のブラシを巧みに使い分けて入念にブローし始める。
ここで心配なことが二点。
1 このブローは絶対に自分で再現が不可能だと思う。
2 前髪がセンターでぱっかり分かれた浮いていてどんどん水気が飛んでいく。その髪型、まるでセーラームーン。

こっちのセーラームーンならまだいいが、どう見てもこっち。

結局前髪は最後までそのまま、ふわっと乾かして終了。
え、ブローは…?
あのさ、参考の写真の写真はどう見てもこんな中途半端な、こんな「おでこ枕におしつけて寝ちゃった☆彡」みたいな分かれ方してないでしょ?
と思ったのですが、後に控えてるお客さんがいることを考えると文句も言えずそのままOKとして出てきました。
会計してみたら安いところ選んだのにロング料金が加算されて他の美容院と大して金額が変わらず…うーん。なんかなぁ。

気持ちを切り替えて、すぐ近くのお気に入りのカフェで遅いランチ。
ケーキしかないと思っていたらパスタが登場していてきのこクリームセットをオーダーしました。
が…付け合わせのサラダとラスクを食べ終わらないとパスタが出てこないシステムなのか、そしてパスタのクリームがチーズをふんだんに使っているようで、既に満腹&こってりしすぎて少し残す羽目に。
そしてネーム。ここのお店客席が10席ぐらいしかないうえに店員は完全に覆われたブースの中に引きこもっているので客がいなくなることもあるし、それでも店員の目が気にならないのは非常によかった。
なにやらデザイナーがデザインしたみたいでハンドメイドなポップ感があって私は好きですが、どうせやるならもうちょっとなんとかがんばれなかったのかなぁ…という気もします。
とりあえずネームはできあがりました。そして帰宅。

前髪をなんとか修正しようと思いましたが、もう乾いてしまったのでなかなか戻らず。
しかもなんか微妙に切り残しが…濡れたときにサイドに寄せられたままだったっぽい。おい。
とりあえず地デジチューナーを設置。
まぁきれいはきれい、映りが悪くなりやすかったNHKもノイズがなくなりましたが所詮テレビはブラウン管なので慣れてしまうと特に感動はありません。
画面がレタボになったのでサイドが切れなくなったくらい。
うわレタボって言葉が懐かしいな。アルバイト時代の業務の中に、DVD用に作られた16:9の動画を3:4の比率に合わせるために余白に黒を入れる作業がレタボ(レターボックス)だったのです。

地デジにして2時間、なんかやたらと目が痛いんですが…テレビのせいか?
正直電子書籍もEpub300件を全部スクロールして検品して3日間目がまともに使えなくなってから実は隠れアンチです。絶対ご老人にはお勧めしない。
電子のモニターで速読の練習は絶対しちゃいけませんよ!目が死にます。
しかし音量とテレビ電源とCSへの変更はテレビ用のリモコン、チャンネルは地デジ用のリモコン、CSはCS用のリモコンとやたらリモコンだらけ…


さて、明日は女帝と皇居に行ってきます!
最高気温は12℃だそうで。いい感じじゃないですか。
行ってきまーす!
posted by 稲本 at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月16日

男性デッサン

201102015_cap.jpg

女の子の裸ってしょっちゅうで回ってるのに男の裸って本当少ない。

ネットで画像検索してみても本当に出てこない。
不思議。

イギリスで博物館でVisual Studyのクラスがあったのを思い出してギリシャ彫刻の画像あさり。
こんなにもミケランジェロたちに感謝したことはない。

ルーベンスの画集はあるけど彼の個性から線がかなりぼかされているのであんまり頼りにならない。
ダヴィンチに言わせるとミケランジェロはただのマッチョフェチ。
老いも若きもあんな肉体美してるなんておかしいと。まぁそうだ。
でも今はその筋肉が私には必要なんですちょっとだまっててダヴィンチ。

今回はまずすべてのプライドを金繰り捨てて主線をトレースです。
じゃなきゃPC画面でこんなにうまく描けないよ!
足の付け根の資料って本当になかなかないので貴重です。
コミスタの鉛筆ツールは本当に素晴らしくて感動。感覚を思い出します。

ナビゲータを出しながらやりましたが、ウィンドウでは邪魔だけど確かに必要。
会社で退職者からもらった私物のモニターは個人同士の譲渡としてなら会社で使い続けていいって言われたけど、やっぱり家に持ち帰ってデュアルモニタにしようそうしよう。
そんでサブモニタは縦表示にしようそうしよう。

イギリスで一番好きだった授業はなんだかんだでライフドローイングだったりします。
定期的にまたやろう。
posted by 稲本 at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | おえかき・おあそび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月15日

ミニスクール感想

さて、通院と称して某出版社のステップアップミニスクールへ。
最初の一時間は事前に寄せられていた質問への回答…まぁ必要だし基本的なこと改めて聞けたのでまぁよし。
お弁当が出たので少し腹ごしらえしてついに編集さんたちに原稿を見てもらうことに。
過去そんなことしたことなかったのでかなりドキドキ…

参考としてプロの生原稿が展示されていて、昔から読んでた漫画家さんの生原稿に触ってきたよ…!某6人姉弟シリーズを描いてたB・H氏と私の大好きな双子のアンドロイド製造氏シリーズのS・T氏とか!!どれも人の手で描かれてるとは思えないほど線に迷いがなくて素晴らしい…神です。
でもS・T氏の原稿のすっごい左下に一文字3ミリくらいで「万里子」という消えきらない鉛筆書きが。万里子サンて誰…

編集さんが一人空いたので席につくと「これ本日発行されたばかりの新刊です」と雑誌を渡され、それを読んでる間に原稿を読んでもらうのですが、さすがに心臓が痛くなりました。
端的に言えば
●男性キャラが描けてない
●ライバルキャラの説明が多め
●モデルという舞台の割には少し地味でファッション性も乏しい
●削るとこ削って、男性キャラの見せ場をもっとがっつり描こう

○主人公のキャラはかわいくて◎、設定も少女漫画としては魅力的でOKなのでもっとがっつり見せるように

そんなとこ。
今回はコミスタ初挑戦ということで、確かに見せ場とか大ゴマに関してはかなり手探りだったので指摘は的中。
話の全体のバランスも、PCで一ページずつ読むのとプリントアウトして読むのとじゃ全然違うなーというのは午前4時に出力して愕然としたので以降気を付けます。
男性キャラが描けてないことについては実はめちゃくちゃ自覚があったので言及して頂いてむしろありがたい。
だってアタシこのタイプの男子で仲いい奴いないもん、というか理解ができないので放置したまま描いてしまった。他社のTLコミックを会社で読んだ時、同じ欠点がそのまま出ていて憤慨していたので、この出版社がそこをNGとしてくれる水準を持っていたのが単純に嬉しい。
あとは男性のデッサン…確かに女体は今までイギリスでもたくさん描いたし仕事でも一年半毎日水着下着の女の子を見てきたから多少わかるのですが、男性モデルを描いたのはイギリスでも1ヶ月間4回くらいだっけ?とにかく少ない。
雑誌とか買ってみても、男性モデルって絶対ジャケット着てて体のラインがわかんないんだよね。筋肉のラインと骨格を描かせろ!と思う。

今回の自分での目標は、状況がわかる程度に背景を書き込むことだったのでそこは特に言及されなかったから大丈夫だったんだと思う。
あ、背景をネットで拾うのはダメだと言われましたが、自分で撮った写真ならOKだそうで、よりミニチュア家具と写真ににハマりそうな一言を言ってくれました…ふふふ。

心臓がばくばくでしたがまたひとつ自分のレベルを知れたのでよしよし。

帰りにFADGEとJOKERを買いました。日本人の女の子モデルってみんなおんなじポーズしててつまんないんだもん。あと向井理に負けた。巻末にヌードモデルの女の子がいてラッキー。男もやれよと本気で思う。
ヌードのポーズ集、勉強になるのは百も承知ですがせめてイケメンか外国人のほうが逆に身近じゃないので直視できる気がする。角刈りの日本人はちょっと…


とりあえず興奮したまま睡眠不足を補うため12時30分に就寝。起きたら台風のときみたいにニュースで雪のことやってましたが電車はなんとかセーフ。
積雪2センチで深刻なニュースに…

朝ごはん抜いて飛び出してきたのでおなかがすいた。カロリーメイトの出番です。
posted by 稲本 at 09:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月10日

歪ジェルネイル回避

あまりにも中途半端なジェルネイルを剥がしました。
でも素爪はすぐ荒れるのでなにかしら塗っとかないとなーかわいいのがいいなーと思ってドンキへ。
相変わらず種類豊富なpa nail collective で薄いピンクと白と、色を剥がれにくくすると言うキープオンカラーなるものを購入。あとメーカーはわからないけどフレンチネイル用のシールを買いました。
こうゆうシールもなんとなくずるいと思っていたけど、なぜかフォトショやコミスタでマスクを多用してから抵抗がうすれた。
というわけで帰宅してすぐ腹ごしらえ、速攻でネイル!気になることは順に済ましていかないと次に集中できません。
いやぁ、ドンキでUVライト買うのよく踏みとどまれたなぁ…だって楽天でチェックしてた値段の三倍の値段のだったんだもん。むしろ楽天大丈夫?って思うとすっごいぐらつきました。

さて、フレンチテープですが、初挑戦でしたがなかなか便利。左手で貼るのがこんなに難しいとは思わなかったけどさ…それでもシールの段階ではいくらかやり直しがきくので落ち着け落ち着け。なんかシールの粘着材が残ったけど乾いてからちょこっとオイルで拭いてトップコートしたらまぁ大丈夫でした。一本だけベースカラーが失敗したところは微妙なことになってますが…まぁ遠目にはわからないだろうからいいや。
とりあえずまたしばらくはフレンチネイルで遊べそうです。

ネイル系の動画を見てみたけど、みんな爪が大きくて塗るとこ多くて楽しそうだなぁ…
うらやましい限りなのでした。
posted by 稲本 at 08:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。